スタバ女子のおしゃれな特徴4個

スタバ女子のおしゃれな特徴4個

有名コーヒーショップスターバックスコーヒー。

そこに出没するスタバ女子と呼ばれる意識高い系女子達。

そんな彼女たちの特徴をご紹介します。

1.あえてのソイラテ

スタバ女子は、フラペチーノなんて頼みません。

スターバックスラテや抹茶ラテを頼みます。

しかも、「ソイ」です。

「私たちは常連なのよ。

そんなフラペチーノみたいな初心者用の飲み物なんて頼まないわ」と、

いかにも常連ぶった「ソイラテ」を注文するのが特徴と言える。

そんな女子達もスタバ初心者の時はフラペチーノ、しかも季節限定メニューを注文していたくせに。

そして、「私たち健康に気を使ってミルクは豆乳にしているのよ。

スタバでも体のことを考えて注文しています」という意識高いアピールの「ソイラテ」なのであります。

そして夏でも必ずホット。

「コーヒーはホットでしょ。

アイスを頼むなんてなんてコーヒーの味がわかってないのね」とでも言いたげに。

2.一人の時間を満喫

スタバ女子はスタバで何をしているのでしょうか。

やっていることは、「手帳に何かを書き込む」「小説を読む」の2大柱であります。

その小さなバックに何が入るのかと思うようなバックから、手帳をおもむろに取り出す。

何を書き込んでいるのか分かりませんが、何やら長文を手帳に書き込みます。

そんなに書くことあるかね、と思わせるくらいの長文であります。

そして使っているのは、普通のボールペンではなく、デザインの凝った素敵なペンです。

また、小説を読む女子は必ずブックカバーを付けています。

いかにも、「読書は趣味です。ブックカバーはマストです。私賢い系です」と言わんばかりのアピール。

ページをめくりながら、ソイラテをちょびっとずつ飲みながら、自分の世界に浸っているのがスタバ女子であります。

3.コンセントを独占したがる

来店した瞬間にコンセントを探し出す女子。

コンセントの付近の席を確保しようと混んでいるところにも割り込んできます。

すでに座っている人がコンセントを使っていないとみると、席を変わってもらう強者までいます。

そんなコンセント女子は携帯を充電したいのですね。

席に着くやいなや携帯充電を始めます。

このコンセント女子だけはソイラテ女子と一人悦女子とは異なり、フラペチーノ系を飲みます。

ソイラテ女子のように意識高い系女子はカバンに予備の充電器を常備しますので、コンセント女子にはならないのです。

コンセント女子は「スタバで充電してる私常連っぽい。

予備バッテリーなんて持ち歩きません。

だって充電切れたらスタバで充電すればいいじゃない」と思っています。

4.画像をネットにアップ

インスタを見ると、メッセージを書いてもらったカップとピースサインの写真がよくアップされています。

何を伝えたいのか分かりませんが、そんなスタバインスタ女子もいます。

スタッフがなんとなく書いたカップに書かれたメッセージにでも癒されているのでしょうか。

よく見るのが、「カップにメッセージ書いてもらった。

今日も1日笑顔で」みたいなメッセージをインスタに投稿する。

そして、そんなスタバインスタ女子の写真には、カップと一緒にピースサインのほか、

小説、ブランド物の財布などを一緒に写す女子もいます。

小説であれば、女の子らしいアピール、ブランド財布なら同性へのマウンティングといえる。

日本中のスタバに毎日出没するスタバ女子。

スタバ女子にもいろいろな生態がありますが、共通して言えるのは、

スタバは女子達にとっては自分の地位を向上させるツールにしか過ぎないということです。

今やスタバ女子が出没しすぎて、逆にイタくなりつつあるスタバ女子。

そんな周囲の冷ややかな目に気付き絶滅する日は来るのでしょうか。

スタバ女子のおしゃれな特徴4個の関連記事