知ったかぶりをする人の特徴3個

知ったかぶりをする人の特徴3個

知らないけど知っているように振る舞ってしまう、知識のない人間だと思われたくない、

このような経験をしたことがある人もいることでしょう。

みんなが知っているものを自分だけ知らないのは、少し嫌な気分になりますよね。

しかし、そうはいっても知らないものは知らないと、正直に伝えることも大切ではあります。

今回は、知ったかぶりをする人の特徴をご紹介していきます。

1.見えを張ってしまう

知ったかぶりをする人は、見えを張ってしまう場合がよくあります。

周囲の人々が知らないことを知っている自分がすごい、と周囲の人たちに思われようとする心理が働くためです。

自分だけが知っていると、周囲から賞賛の言葉を受けることがあるため、

そのような状況が心地よいと感じてしまうのでしょう。

見えを張るタイプの知ったかぶりは、難しい話をしている時によくある光景です。

みんなが何もわからずに困っているときに、難しい事を知っている自分を演出しようと目論むためです。

周囲の人から深く突っ込まれない場合はその場を乗り切ることができますが、

少し深入りされると狼狽えてしまい、知ったかぶりがバレるのも特徴といえるでしょう。

このように、知ったかぶりをする人の中には、見えを張ってしまう人もいます。

周囲から賞賛されたい気持ちが強いために、知ったかぶりをしてしまいます。

しかし、そのことについて質問されると答える事ができず、

評価が下がってしまうこともよくあるので、知ったかぶりはリスクがあるともいえるでしょう。

2.周囲の話に乗り遅れないようにしたい

知ったかぶりのパターンの1つが、周囲の話に乗り遅れないようにしたい場合です。

特に噂話などの時に多く、自分以外の人は知っているのに、

自分だけが知らない話題になってしまうこともよくあるでしょう。

その時に、自分は知らないから教えてほしいと素直に言えれば良いのですが、

周囲の顔色をうかがってしまい、素直に言えない場合もよくあることです。

では、なぜこのような状況で知ったかぶりをしてしまうのでしょうか。

それは、周囲の人々が知っている情報を自分だけが知らない場合は、疎外感を感じてしまうからだといえます。

自分だけが話題に取り残されてしまうと、グループから外されたような寂しさを感じることでしょう。

このような場面で知ったかぶりをする人は、グループの一員としていたいので、

周囲と話を合わせることによって、そのグループにとどまろうとしています。

このように、周囲の話に乗り遅れないために、知ったかぶりをする人は多くいます。

なかなか周囲の人に対して、自分は知らないとは言いにくいとはいえます。

しかし、知っていないまま話を聞くことも大変なので、

知らないものは知らないと素直に言ってみるのも良いでしょう。

3.話を遮りたくない

知ったかぶりをする人の中には、話を遮りたくないと考えてる人もいます。

知らないものを知らないと言ってしまうと、その説明をしてもらうことになるでしょう。

みんなが知らない場合は問題ありませんが、自分だけのために時間を作ってもらうのは気が引けます。

そのため、知ったかぶりをすることによって、話を遮らないように周囲へ配慮をしています。

このように、知ったかぶりをする人の中には、周囲への配慮の気持ちも含まれています。

自分が知らないことは不利益にはなりますが、

周囲のことを考えて、あえて知ったかぶりをする人もいるのです。

いかがでしたか。

知ったかぶりをする人には様々な理由があり、自分のため、相手のためなど、対象も異なっています。

しかし、知ったかぶりをすることはあまり良いことではなく、

結果として自分にも周りにも迷惑をかけてしまうことに繋がるでしょう。

知らないことは知らないとはっきり言うことも必要です。

知ったかぶりをする人の特徴3個の関連記事