創造性に溢れる人の特徴5個

創造性に溢れる人の特徴5個

ユニークな発想で新しい物やこと、やり方やスタイルを生み出す能力に長けた人がいます。

そのような創造性豊かな人に憧れている人も少なくないでしょう。

ここでは、創造性に溢れる人に注目し、どんな特徴を持っているのか見ていくことにします。

1.情報収集能力に優れてる

どんなに発想力が豊かな人でも、まったくの「無」から「有」を作り出すことはできません。

それはいわば神の領域の作業であって、人間である以上「有」は「有」からでしか生み出すことはできません。

つまり、既存のものから、独自の発想力でこれまでになかった物などを生み出すのが、

創造性にあふれる人ということになるでしょう。

ということは、既存のものに対する知識の量が多ければ多いほど、新しいものを生み出しやすくなるわけです。

つまり、現在存在しているものの知識量が豊富で、

知識量を増やすために情報収集をおこたらないのが、創造性豊かな人です。

町を歩いていても、電車に乗っていても、仕事をしていても遊んでいる時でも、

目に入る情報、耳に聞こえる情報をすばやくキャッチし、知識として蓄える能力に優れていること、

これが創造性に溢れる人の特徴ということになるでしょう。

2.好奇心旺盛

創造性に溢れる人は、なにかのちょっとしたことがヒントになって、

他の人にはできない発想をすることがよくあります。

前項で紹介した情報収集がヒントを生むことも少なくありません。

その際に大切なのは、できるだけ幅広い分野の情報を得ること。

思わぬことがヒントになることが少なくないのですから、

知識の守備範囲は広ければ広いほどいいということになるでしょう。

例えば、まったく趣味を持たない人よりも、多趣味で、

インドアの趣味もアウトドアの趣味もいろいろあるという人の方が、高い発想力を持ちやすいわけです。

つまり、好奇心旺盛で、さまざまなジャンルのことを興味をもち、

その分野のことから発想のヒントをつかむことができるのが、創造性に溢れる人の特徴です。

3.感受性が豊か

ものを感じ取る力が優れているというのも、創造性豊かな人の大きな特徴です。

説明した通り、創造性が豊かな人は、収集した情報、

興味をもった分野に関する知識などから、新しい発想のヒントをつかみます。

しかし、いくらたくさんの情報や知識を持っていても、

その情報に心動かされることがなければ、発想のヒントにはならないでしょう。

何かのものを見たり聞いたりしたとき、その対象物に敏感に反応し、

心が動かされて初めて、それがヒントになり、新しい発想が生み出されるのです。

ものごとを敏感に感じ取るだけの感受性があること、人一倍敏感なアンテナを持っていることが、

創造性豊かな人の特徴ということになるでしょう。

4.考えることが好き

人間は、ただぼんやりしている時に突然何かがひらめくということもあります。

しかし、それはそうそうあることではありません。

やはり、新しい発想やひらめきは、頭を回転させている時に生まれると考えていいでしょう。

ということは、頭の回転が良い方が、創造性が豊かになるということになります。

実際に、創造性に溢れる人は、「考える」ということが大好きです。

日頃からパズルやクイズで脳トレをするなど、

考えることで脳を鍛えているのが、創造性豊かな人の特徴です。

5.先入観を持たない

先入観にしばられる人は、新しい発想をすることはできません。

例えば、ナイフやフォークを見て、「これは食事に使う道具だ」と決めつける人は、

ナイフやフォークに対する新しい発想を生むことは不可能です。

ナイフやフォークを見た時、その形状や材質に注目し「これを食事以外に使えないだろうか」と考えるところから、

新しい発想は生まれるのです。

つまり、先入観を持たず、ものごとを柔軟に考えることができるのが、創造性に溢れる人ということになるでしょう。

独自の発想で新しいものを生み出すことのできる人について、5つの特徴を紹介しました。

先天的な才能ということもありますが、日ごろの習慣や意識の持ち方によって、

創造性を高めることは十分可能です。

参考になさってください。

創造性に溢れる人の特徴5個の関連記事