舌がもつれる人の特徴5個

舌がもつれる人の特徴5個

人の喋り方にはそれぞれ特徴があり、人によって話し方も違うものですが、

その中でも舌がもつれる人の話を聞くと時々聞き取りづらいことがあったり、様子が心配になることがありますよね。

そこで今回は、そのように舌がもつれる人にはどのような特徴があるのかをご紹介します。

1.舌が短い

舌足らずという言葉がありますが、舌が一般的よりも短い人は滑舌が悪く舌がもつれやすいでしょう。

このようなタイプの場合は、生まれ持った体質のため、

子供のころから話をするたびに舌がもつれることをからかわれたり、

そのもつれ方を真似されたりなど、恥ずかしい経験をしている人も少なくありません。

とくに早口言葉など、普通よりも早いスピードで話さなければならないものが苦手であることも特徴のようです。

しかし逆に、「そのような舌足らずの喋り方が天然ぽくて可愛い」とか、

「おっとりしていて和む」など、好意的に思われることも多くなります。

2.あがり症である

普段の何ともないときには舌ももつれず普通に話すことができるのに、

大勢の前で話をするときや特定の相手を前にすると緊張して舌がもつれてうまく話せないといった人もいるでしょう。

このようなタイプは、何かあると緊張してしまうあがり症で、

「失敗しないように話さなくては」とか「また、話を噛んだらどうしよう…」などと、

心配する気持ちから焦りが出てしまい舌がもつれるのでしょう。

普段の会話ならば問題ないかもしれませんが、大勢の前でスピーチや意見を発表するなど、

改まった場面で舌がもつれることで、聞いている側に不快感を与えてしまうことも少なくありません。

本人は失敗のないように、本番前に何度も練習するのですが、

それでもいざ本番になると緊張してうまく話せなくなります。

3.おしゃべりである

一緒にいると常にペラペラ話をするようなおしゃべりなタイプも舌がもつれることが多いでしょう。

おしゃべりな人は、次々と話題が出てきて、「あれも話したい」「これも話したい」と話したいことがたくさんあるため、

つい早口になりがちです。

そのため、その喋るペースに舌が回らず、もつれてしまうのでしょう。

また、このようなタイプは、話をすることが大好きなため、

とても興奮しながら相手に話をしていることが多く、勢いが付きすぎて舌がもつれてしまうこともあります。

おしゃべりな人の話が聞き取りづらいのは、早口なだけでなく舌のもつれのせいでもあるのでしょう。

4.感情的になっている

例えばですが、「腹の立つことがあって、それを相手に伝えようとしたのに、

感情的になりすぎて舌がもつれ言いたいことの半分も言えなかった」といったように、

せっかく前もって相手にどのように気持ちを話すのか考えていたのに、

感情が邪魔をしてしまうパターンも少なくません。

また、怒りの感情が唐突に襲ってきたために、いきなりすぎて舌がもつれることもあるでしょう。

それから、悲しい時も同じように、言いたいことがうまく言えず舌がもつれやすいようです。

特に悲しみの場合には、我慢できずに泣いてしまうこともあり、

泣くことでさらにうまく発音できなくなり舌がもつれやすくなるのでしょう。

5.病気である

舌がもつれる人の中には、重大な病気が隠れていることもあるでしょう。

例えば、脳梗塞や脳出血のような脳の病気であったり、

パーキンソン病のような神経疾患から症状が出ている場合もあるため、注意が必要です。

「舌がもつれるだけで、身体は何ともない」などと、症状を軽く考え病院へ行かない人もいますが、

それでは手遅れになる可能性もあるため、一刻も早く病院へ行くことをオススメします。

また、一度そのような病気にかかったことが原因で、

後遺症から舌のもつれが残ってしまう人も多く、常に病と闘っている人もいるでしょう。

いかがでしたか。

このように舌がもつれるといっても、体質や感情の変化からくるものや、

病気からくるものなど実にさまざまな特徴があります。

しかし、どのような場合も本人が一番悩んでいるため、

話が聞き取りづらいからといってそれを責めてしまうことは良くありません。

また、本人も、舌がもつれることを気にしすぎるのは逆効果なため、

時には思い切って会話を楽しんでみることも必要ではないでしょうか。

舌がもつれる人の特徴5個の関連記事