信頼が失墜する人の特徴4個

信頼が失墜する人の特徴4個

自分では一生懸命努力しているつもりなのに、

なぜか最後は人から信じてもらえなくなり、信頼が失墜するタイプの人がいます。

彼らは、何が原因で信頼を失ってしまうのでしょうか。

そこで、信頼が失墜する人とはどのような人なのか、その具体的な特徴をご紹介します。

1.口が軽く、何でも人にしゃべってしまう

口が軽い人は、信頼が失墜する典型的なタイプです。

本人に悪気がなかったとしても、何でも軽々しくしゃべってしまうと、

「この人はいつどこで秘密をばらすかわからない」と、多くの人が警戒するようになります。

そして、「この人には大事なことは話せない」と思われるようになり、誰からも信じてもらえなくなります。

特に、人の噂話が好きな人は、かなりの確率で信頼を失うと考えて良いでしょう。

噂好きということは、他人に関するあること・ないことを、考えもなしに広めることが好きだということです。

言い換えれば、人様の評判を左右させることを平気で行ってしまうということですから、

人から信じてもらえなくなるのは当然であると言えるでしょう。

2.口では大きなことを言うが、行動が伴っていない

口では大きなことを言い、壮大な理想や目標を掲げるものの、

行動が全くそれに伴っていない人は、信頼が失墜するタイプの人です。

言葉で理想や夢を語ることは、誰でもできます。

その理想や夢を、実際に苦労を乗り越えて形にする人こそが「尊い存在」であり、

多くの人からの信頼や尊敬を集めるのです。

しかし、壮大なことを軽々しく口に出すものの、それを形にするための努力を何もしない人は、

「また口だけで夢を語り始めた」と思われ、多くの人からまともに取り合ってもらうことができなくなります。

「自分の理想は、努力して形にするものである」というのが、大人の世界の必須事項です。

その努力をせずに、口でだけ大きなことを言うような人は、

一人前の大人として扱ってもらえず、信頼が失墜します。

3.責任逃れや責任転嫁をする

自分がしたことの責任を最後まで取ることができない人は、

社会人失格とみなされ、信頼が失墜します。

どんなにつらいと感じても、自分がしたことの責任は、

最後まで自分で取ることが、大人社会のルールです。

たとえそれに対して「理不尽だ」と感じても、大人は皆それに耐え、責任を全うしてきたのです。

その義務を放棄して責任逃れをしようとする人に対しては、

「この人には大切な仕事は任せられない」と誰もが思います。

そして性貴人逃れを続けている限り、最後は誰からも信じてもらえなくなります。

責任逃れをするだけでなく、他人に責任転嫁をする人もいます。

このような人は、「責任逃れに加えて、他人を陥れようとしている」という人間性が多くの人に伝わってしまい、

信頼が失墜するだけでなく、周囲から警戒される存在になってしまいます。

4.色々なことに手を出してみるものの、全く結果を出すことができない

「色々なことに挑戦しよう」というチャレンジ精神を持つことは素晴らしいことです。

しかし、大人になったら、ただチャレンジするだけではなく、結果を出さなければ信用されません。

そのため、色々なことに興味を持って手を出してみるものの、

何も自分のものにすることができず、結果も出すことができないという人は、信頼が失墜するタイプです。

興味を持ってチャレンジしたものを自分のものにできなかったり、

結果を出せなかったりするということは、「目的もなくダラダラそのことを長く続けているだけ」とみなされます。

言い換えれば、「時間やお金、エネルギーを無駄遣いしている」とみなされていると言えます。

「そのような人は、肝心な時に力を発揮できるわけがない」と思われてしまうようになり、

結果的に信頼が失墜してしまいます。

信頼が失墜する人にはいくつかのタイプがあります。

1つ目は、「余計なことを言い過ぎる」というタイプです。

口が軽く、考えもなしに何でもしゃべってしまう人や、行動が伴っていないのに、

口でだけでは大きなことばかり言いたがる人は、大半の人から信じてもらえなくなります。

もう1つのタイプは、「最後まで、熱意や責任を持って物事に取り組むことができないタイプ」です。

このタイプは、何をやっても中途半端に終わります。

更に、失敗した責任から逃れようとするため、「覚悟が決まっていない」とみなされ、

一人前の大人として信用されなくなります。

社会人である以上、大人として恥ずかしくない振る舞いをし、

信頼を失うことのないように努めたいものです。

信頼が失墜する人の特徴4個の関連記事