親密性が高い人のフレンドリーな特徴3個

親密性が高い人のフレンドリーな特徴3個

初めて会う人であっても心の距離感を近く求める、

親密性が高い人っていますよね。

今回はそんな親密性が高い人の特徴についてご紹介します。

1.初対面の人に対して警戒心がない

普通、初対面の相手と会う時には相手の人がどんな人物なのかが気になって不安になったり緊張したりしますよね。

けれども親密性が高い人というのは初めて会う相手がどんな人物であったとしても、

人とのつながりを近くて濃いものにしておきたいという気持ちが常にありますから、

そういった期待感や高揚感が不安や緊張を上回ります。

最初から相手を受け入れる態勢が整っていますので、

初めての相手に対しても警戒心を感じる事無く以前からの知り合いのような態度で接する事ができます。

相手によってはそういった態度を不快に感じる人もいるでしょう。

その場合相手の印象としては「遠慮がなくてずうずうしい人だ」と感じられることもあります。

一方で「とても気さくで話し易い人だな」と好意的に受け止められる事もあるでしょう。

そういった印象を持たれた相手に対しては親密性が高い人ほど、

今後それ以上の関係やつながりを持ちたいといった願望が生まれますので長く良い関係が続くと言えるでしょう。

2.仲の良い友達関係をより深く濃いものにしようとする

すでに知り合いだったり、仲の良い友達関係にある相手に対して、

親密性の高い人というのはそれ以上の関係を長く継続する事を求めます。

とても個人的な悩みであったり知られたくないようなことに関しても、

「自分にだけは教えて欲しい」「私が力になってあげる」といった気持ちが生まれます。

そしてその気持ちを抑えることが出来ない為、多少強引にでも相手の心に踏み込んでいく傾向にあります。

普通なればそういった行為は敬遠されがちなものですが、

すでに仲の良い友達関係にある相手の場合は「この人の付き合いはそんなものだ」という免疫が付いていますので、

それほど嫌がられることもなくむしろそういった付き合いは好まれると言えるでしょう。

親密性の高い人は友達がなにかトラブルに見舞われた時や、

困難にぶつかった時などにまるで自分の事のように親身になって助け舟を出そうとします。

問題解決の為に誠心誠意、力を尽くそうとしますので、

尽くされた相手としてはとても頼りになる信頼のおける人という印象を持ちます。

その為、新たな問題が生じた時も真っ先に相談相手に選ばれる事が多いでしょう。

3.親しい人を疑わず身をゆだねる

人との距離を保とうとする人は、初対面の人はもちろんのこと、

仲のよい友達であったり家族であっても一定の保ち、それ以上踏み込まれないように常に警戒心を緩めません。

ところが親密性の高い人というのはそのような警戒心を持ち合わせていないことが多く、

1度親しくなった相手には自分の全てを打ち明けて心の距離を近づけようとします。

もちろん、自分の全てを相手にありのままさらすわけですからそれには危険が伴います。

個人的な事柄を相手にさらす事で、相手によってはそれを悪用しようとする人も出てくるでしょう。

実際、心に寄りそっているように装って詐欺を働いたり相手を落としいれようとする人は沢山居ます。

そういった悪い考えを持つ相手に対しても親密性の高い人と言うのは、

警戒心を持ちませんから「友達だと思っていた相手にだまされた」とか

「付き合っていた人に何度も浮気されている」なんて経験を持つ人は多いと言えるでしょう。

親密性が高い事で得られるメリットとデメリット

親密性の高い人というのは相手に受け入れられる事で高い評価を得ることが出来ます。

いつでも相手の気持ちに寄りそって親密に悩みや相談に乗ってあげることができ、

相手のためになる事を進んで行うからです。

一方で、そういった事を好まない相手にとってはありがた迷惑な存在と受け止められる事があるでしょう。

単なる友達関係であればそんな評価は気にしなければ良い話ですが、

仕事やご近所関係においてそのような評価を受ける事はなるべく避けたい事と言えますね。

親密性が高い人のフレンドリーな特徴3個の関連記事