支持を得る人の特徴7個

支持を得る人の特徴7個

皆さんの周りにも、同僚や友人、先輩や後輩から支持を得る人がいますよね。

自分も同じように行動しているつもりなのになかなか同じようにならないのが不思議な物です。

その人はどんなことに気をつけて周囲から支持を得られるように行動しているのか、

どうすれば支持を得る人になれるのか、ここでは支持を得る人の特徴についてご紹介します。

1.行動に裏表が無い

周囲から支持を得る人の特徴は、行動に表裏が無いことです。

上司の前では真面目に仕事をしているフリをするのに、裏では要領よくサボっている先輩とか、

男性の前ではぶりっ子しているのに裏ではがさつな女性などは、

必ずどこかでボロが出るので周囲の支持を得ることができません。

終始一貫して好感の持てる行動をしているからこそ、

自分の見ていないところでもきっと同じように好印象なんだろうなという期待が、

周囲からの支持に繋がります。

2.有言実行する

大風呂敷を広げた割には、大した結果を出せない人や、

会議で他の人に対して辛らつな意見を述べる割には自分で出来ない人は、

本当の意味での支持を得ることができません。

必ずしも誰よりも優れた能力を持って特別なことを成し遂げる人でなくても、

自分で言ったことをどんな形でも必ず実行する姿勢は次回への期待につながり、

この人になら任せても大丈夫だと支持を得ることが出来ます。

3.自己アピールが得意

支持を得る人は自分の行動の結果をアピールするのが得意です。

それも、わざとらしく自分はすごいだろうというアピールではなく、

相手の印象に残るようにさりげなくアピールするのが得意です。

後輩に奢ったことを自分から言うのではなく、後輩の誕生日とかに絡めて奢ってあげて、

後輩の間で話が伝わるようにするとかそういうテクニックをいやらしくなく使いこなせる人です。

4.アフターフォローに手を抜かない

プラスの出来事にしろマイナスの出来事にしろアフターフォローに手を抜かないのも、

支持を得る人の特徴です。

一度デートをしてそれっきりになるとしても、そのまま無視して音信普通になる人は、

相手からマイナス印象を持たれてしまって、それが最終的に周囲に伝わり支持を得ることができません。

自分が次回のデートをするつもりがなくても、お礼のメールをしたり、

しばらく連絡をとりながらフェードアウトするなどして角が立たないようにするなど、

マイナスの出来事へもアフターフォローを怠りません。

5.記憶力がいい

支持を得る人は自分の支持率をアップさせるために必要な情報の記憶力がいいです。

「そういえば、お子さんの運動会、どうでしたか?」「イチゴ、好きだったよね?」みたいに、

あなたの話したことを覚えていますよというアピールになる情報は必ず記憶しています。

そういう、それぞれのことをよく気に掛けているようすが好感を生み、

実際の行動パターンとしては同じことをしているライバルがいても、

その人をさしおいての支持率アップにつながるのです。

6.陰口を叩かない

支持を得る人は他の人の陰口を叩きません。

人はついついライバルをけなす発言や、〇〇さんはこう言うけど自分はこう思う。

といったその場にいない人を貶める発言をしたり、陰口を叩いてしまいがちです。

その場では盛り上がったり説得力を持たせることが出来ますが、

長期的には陰口を叩かれた側に嫌われてしまったり、

目の前の友人からも「今は私のことを面と向かって褒めているけど、

裏では他の友達と私の陰口を叩いて笑っているかもしれない」と信用されなくなってしまいます。

その場にいない人の陰口を叩くリスクを知っているので、

支持を得る人は普段からそれをしないのです。

7.揉め事に巻き込まれない

支持を得る人は揉め事に積極的に関わりません。

例えば社内がA部長派とB部長派に割れている時にどちらかに付くと、後々相手側に遺恨が残ります。

ケンカの仲裁に入るときに、明らかにCさんが正しくてDさんが悪くても、Cさんだけの肩を持つことをしません。

DさんやDさんの仲間の指示を失うからです。

一見消極的で日和見にも見えますが、大局が判明するまで自分の立ち位置をはっきりさせずに、

将来のことを俯瞰的に捉える能力が高い人が最終的に支持を集める人です。

いかがでしたか?支持を得る人は普段から自分の支持者を増やす、

敵を作らない努力をしていて種まきをしていることがわかると思います。

日ごろからのマメな努力が最終的に積み重なって、支持を得る人ができあがるのです。

もし、あの人はみんなから支持を集めてすごいなあという人がいたら、

是非普段の行動を観察してみましょう。

支持を得る人の特徴7個の関連記事