歯牙にもかけない人の特徴4個

歯牙にもかけない人の特徴4個

人から言われたことやされたことをまったく問題にしないこと、

嫌な出来事があっても意に介さないことを「歯牙にもかけない」と表現します。

「あの人は歯牙にもかけないところがある」と感じるような人がいるものです。

では、歯牙にもかけない人にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.自信がある

人から言われたことをすぐ気にしてしまう人には自信がありません。

例えば、「あの人があなたのことをこう言ってたよ」と、自分の良くない評判を聞かされたとしましょう。

自分に自信のない人は、「たしかにそうだ」と思ったり、

「自分では気づかないけれど、そんなところがあるのかもしれない」と考えたりするために、心が動揺し、傷ついてしまいます。

歯牙にもかけない人は違います。

自信があるために、人から言われたりされたりしたことに傷ついたり悩んだりすることがありません。

極端な例をあげましょう。

課内ナンバーワンの営業マンに、同僚が「課長が君のことを「使えない」って言ってたよ」と言ったとしましょう。

ナンバーワンの営業マンなのですから、自分の営業能力には大きな自信をもっています。

ですから、そんな話を聞かされたとしても、「課長は何を言っているんだろう」としか感じません。

自分の実力に自信があれば、人の言を歯牙にもかけずにいられるというわけです。

2.おおらかな性格

持って生まれた性格のために、歯牙にもかけずにいられる人もいます。

例えば、仕事上でトラブルが発生したとしましょう。

そんな時、おおらかな性格の人は、「仕事をしていれば、

こういうことも起こるものだ」という考え方をすることができます。

もちろん、トラブルが起これば問題を処理する必要はありますが、

必要以上に悩んだり慌てたりすることなく、おおらかな気持ちで対処することができます。

また、人から何か嫌なことを言われたとしても、おおらかな性格の人はそれを気にしません。

つまり、「性格がおおらかで細かいことを気にしないこと、

人間的な度量が大きいこと」が、歯牙にもかけない人の特徴ということができるでしょう。

3.経験豊富

仕事をしている時にちょっとしたミスをしたとしましょう。

その仕事を始めて間もない新人は、小さなミスにも動揺し、慌てふためいてしまうものです。

自分ではどう処理していいかわからず、近くの先輩に泣きつくこともあるでしょう。

一方、経験豊富でその仕事のことを知り尽くしている人は、

ちょっとしたミスぐらいで動揺することはありません。

その人にとっては簡単に処理できることなのですから、歯牙にもかけず、落ち着いて対処できます。

仕事に関することだけではありません。

人生経験豊富な人は、生きていく中で自分にとって何かマイナスの出来事があっても、平然としていられるのです。

経験豊富であること、これが歯牙にもかけない人の特徴の一つということになるでしょう。

4.精神的に自立できている

人の言ったことに過度に反応してしまうのは、

人との関係性を神経質に意識しすぎているからにほかなりません。

人から何かマイナスのことを言われた際、

その人と自分の関係性を気にしすぎるために、動揺したり傷ついたりします。

そういう人は、精神的に自立できていないと言っていいでしょう。

歯牙にもかけない人は違います。

人から何か嫌なことを言われたとしても、「人は人、自分は自分」と考えることができます。

そのように考えることができれば、相手の言葉を気にする必要もありません。

つまり、歯牙にもかけない人には、「精神的に自立できている」という特徴があります。

人から言われたことや良くない出来事を意に介さない、

歯牙にもかけない人に注目し、その特徴を見てきました。

身近に歯牙にもかけない人がいて、「どうしてあんなに平然としていられるのだろう」と思っている方は、

その人のことを知るための参考になさってください。

歯牙にもかけない人の特徴4個の関連記事