指導者の崇高な特徴4個

指導者の崇高な特徴4個

世の中では、「人を教える仕事をしている人や、ステータスが高い人こそが指導者」と思われていますが、

実はそうではありません。

優秀な指導者は、自分の周囲にいる人を上手に導き、

関わってきた人全員を成長させることができます。

そこで、指導者と呼ばれる人が持つ、具体的な特徴についてご紹介します。

1.上から目線で説教をすることなく、人を正しい道に導くことができる

自分がたくさんの人を指導する立場になると、

「全員を成長させるために、正しい道を皆に教え込まねばならない」と肩に力が入ってしまう人が多くなります。

しかしそれは、指導者の「あるべき姿」ではありません。

本当の指導者は、上から目線で人に説教をすることなく、自然に人を正しい道へと導くことができます。

優秀な指導者は、説教ではなく、「物事の課題を見つけて、

仲間と一緒に悩み苦しんで答えを出す」というやり方をします。

そのため、クールな雰囲気で人を指導するのではなく、

自分も悩み苦しんでいる姿をあえて人々に見せるのです。

そして、その姿を見た人々が何かを感じ、

自ら答えを見つけ出す力を覚醒させることをひたすら待っているのです。

その結果、「自分自身の力で答えを導き出す」という力を人々に与え、

指導者自身も成長することができます。

2.焦らず、人々の成長をじっと見守ることができる

人を指導していると、物事をすんなりこなせる器用な人と、

なかなかできない不器用な人がいるということがわかります。

この時、不器用な人たちに対して、ついつい口を挟んでしまい、

彼らの成長のチャンスを奪ってしまう指導者がいます。

このような指導の仕方は、優れた指導法とは言えません。

教える側が「早く覚えさせなければ」と焦り、その不安を解消するために口を挟んでしまっているからです。

しかし優れた指導者は、「世の中には、器用なタイプも不器用なタイプも存在するのが当たり前」と、

常に余裕をもって人々に接しています。

そのため、不器用な人たちがなかなか知識や技術を習得できなくても、時間をかけて粘り強く教えることができます。

そして、彼らが自分自身のペースで成長することをじっと見守ることができるという忍耐力を持っています。

3.ものを教える時、誰でもわかる簡単な言葉で丁寧に説明する

どのような分野においても、指導者として尊敬を集める人たちは、

人にものを教える時、誰でもわかる簡単な言葉を使って丁寧に説明するという特徴があります。

そのため、彼らの説明は、小学生でも理解できます。

そして、彼らから1度説明を受ければ、誰でもすんなり理解し、知識や技術が短い時間でマスターできます。

人にものを教える時、「自分は優れた人間だ」ということを誇示したいがために、

わざと難しい言葉を使ったり、回りくどい言い方をしたりする人がいますが、これでは誰もも理解できません。

言い換えれば、自己顕示欲が強いだけで、誰1人指導できていないということになります。

優秀な指導者は、たとえ難しい事柄であっても、自分の中で情報を十分に咀嚼し、

できるだけシンプルな言葉に置き換えて説明する努力をしています。

4.「教える側の人間」と「教わる側の人間」の間に、必要のない上下関係を作らない

人にものを教える立場になると、どうしても人間は、自分が偉くなったと勘違いしてしまうようです。

そのため、教わる側の人たちに対して、ついつい横柄な態度で接してしまう人も少なくありませんが、

このような振る舞いは、指導者失格です。

本当の指導者は、常に人に対して謙虚な態度で接します。

彼らは、「教える側の人間」と「教わる側の人間」の間には、上下関係はないと考えています。

「自分も相手も共に、自尊心を持った大人同士である」というポリシーを持っているため、

どんなに優れた指導力があっても、決して驕り高ぶることがありません。

いかがでしたか。

本物の指導者と呼ばれる人たちは、教わる側の人たちに対して謙虚に分け隔てなく接することができ、

どんな人に対しても惜しみなく自分の知識やノウハウを上手に伝授することができます。

たとえなかなか技術や知識を習得できない不器用な人がいたとしても、

時間をかけて粘り強く教え、彼らの成長を心の底から信じて見守るという懐の大きさを持っています。

どんなに難しい事柄であっても、できるだけ簡単でシンプルな言葉に置き換えてから、

人にものを伝えるということも大きな特徴です。

そのため、彼らの言葉はわかりやすく、どんな人の心にもダイレクトに響いてくるのです。

指導者の崇高な特徴4個の関連記事