渋ちんな人の特徴4個

渋ちんな人の特徴4個

金品を出し惜しみする人、とにかくできるだけお金を使わないようにする、

ケチな人のことを「渋ちん」と呼ぶことがあります。

どこにでもいるしみったれな渋ちんについて、

どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

1.できるだけ人と交際しない

渋ちんな人の大きな特徴は「人とのつきあいが嫌い」ということでしょう。

人と交際すると、どうしてもお金を使う機会が増えてしまいます。

つきあいで飲食することもあるでしょうし、行きたくもない旅行につきあわされることもあります。

大きいのが、冠婚葬祭に関する出費でしょう。

交友関係が広くなればなるほど、結婚式やお葬式などに参加、

参列する機会がどうしても多くなるものです。

とにかく1円でも安くすませたい、お金を使いたくないと思っている渋ちんにとって、

冠婚葬祭での出費はかなり大きな痛手にちがいありません。

そういう出費をできるだけ抑えたいと思っているため、渋ちんな人はごく限られた交友関係しか持たないようにしています。

職場のつきあいなども、極力参加しないようにします。

「あの人を誘っても無駄だから、声をかけない」と周囲に思われる状態になることを、

ひそかに望んでいるのが、渋ちんの心理的特徴と言っていいでしょう。

2.割り勘が嫌い

そんな渋ちんでも、人といっしょに飲食する機会がゼロというわけではありません。

どうしても断れないつきあいというものはありますし、

何かの折に人と飲食店を利用するというケースは出てくるものです。

そういう時は割り勘になることが多いものですが、実は渋ちんな人はこの割り勘が嫌いです。

というと、「割り勘が好きで、1円単位で細かく計算するのが渋ちんなのでは?」と思われるかもしれません。

たしかに、割り勘をする時はきっちり1円単位で計算しますが、

渋ちんな人は心の中で「できれば割り勘はしたくないな」と思っているのです。

割り勘をすると、時には人の分まで払うはめになることもあるでしょう。

割り勘というのは、多く飲食した人の方が有利になるシステムですから、

自分が人より飲食の量が少なければ、それだけ損をしてしまうわけです。

と言って、「損をしたくないから」とたくさん食べれば、支払う金額はそれだけ多くなってしまいます。

「どちらにしても割り勘は損だ」と考え、「できればおごったもらいたい」と思っているのが渋ちんな人です。

3.外食では水以外の飲み物は頼まない

渋ちんな人はできるだけ外食をしないように心がけていますが、

やはりつきあいなどで、店で食事をすることも出てきます。

そういう場合も、できるだけ安上がりな店を選び、廉価なメニューを注文するのですが、

その際、水以外の飲み物はいっさい頼まないというのが、渋ちんな人の特徴と言うことができるでしょう。

つきあいで食事をするだけでも「痛い出費」と感じているのですから、

飲む必要のない飲み物代まで払うのは、渋ちんな人にとってありえないことです。

どんな店に入っても「水で十分」と考えるのが、渋ちんな人の特徴です。

4.「お金がない」が口癖

ことあるごとに「お金がない」という言葉を口にするのも、渋ちんな人の特徴です。

それは渋ちんな人にとって、一種の「宣言」のようなものと考えていいでしょう。

「お金がないから、誘わないでね」「お金がないから、おごってね」と相手にアピールしています。

「お金がない」と宣言している人は飲食などに誘いにくいものですし、誘う場合は「おごるから」という話になるでしょう。

それを狙って、聞かれもしないのに「お金がない」を口ぐせのように繰り返すのが、渋ちんな人です。

いかがでしたか。

ここでは、「渋ちん」と呼ばれるケチな人について、4つの特徴を見てきました。

自覚はなくても、人から「渋ちん」と思われているケースが少なくありません。

どれも具体的な特徴ですので、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

渋ちんな人の特徴4個の関連記事