幸せ太りしている人の特徴4個

幸せ太りしている人の特徴4個

結婚した途端に太ってしまう人っていますよね。

人は幸せになると太る傾向にあると言われています。

ここでは所謂「幸せ太り」している人の特徴についてご紹介します。

1.愛情を受けて安心しきっている

恋愛で悩んでいる時や失恋をしてしまった時、何か問題を抱えている時や、

ストレスに押しつぶされそうな時には、食事も喉を通らないような状態になってしまいますよね。

そんな時には体調も崩しやすいですし、体重も落ちてしまいがちです。

それとは反対に、多くの愛情を人から受けている時、幸せな状態が続いている時というのは、

悩みやストレスとは無縁の状態になっています。

多少の不安や心配事があったとしても、幸せな状態の中にいる時は、それほど気にならないものです。

そのように安心しきった状態では食事も美味しく感じられ、食欲も増進されます。

食欲をさえぎる不安要素がないので、ついつい食べすぎてしまい結果的に太ってしまいます。

2.美味しい料理に歯止めが利かなくなっている

結婚したり、好きな人とお付き合いがはじまった事をきっかけにどんどん太ってしまう人がいますが、

そのような人はパートナーの作ってくれる料理が単純にとても美味しい為に太ってしまったといって良いでしょう。

それまでろくな食生活を送っていなかったという人も、

パートナーが美味しい料理を用意してくれる生活に変わるので、

きちんと3食ご飯を食べるようになり体型もそれに合わせて太ってしまうというわけです。

栄養バランスがしっかり取れている食事であれば少しふっくらする程度ですが、

パートナーの作る料理が高カロリーだったり、偏った食事ばかりだった場合、

必要以上に太ってしまって肥満の状態にもなりかねません。

好きな人に美味しいものを食べて欲しいという思いからパートナーは、

一生懸命料理を作ってくれますが、栄養バランスはしっかり考えてもらわないと、

美味しい味にどんどん歯止めが利かなくなって肥満へ向かって一直線という事になってしまいます。

3.生活スタイルの変化に適応出来ないでいる

独身の時には自由きまま、好き勝手な生活をしていたのに結婚してから、

パートナーの生活スタイルに合わせなければいけなくなったり、

引越しや仕事が変わったりしてその生活に思うように馴染めないという人は沢山います。

当然それがストレスになって、ストレス発散する為に自分の好きなものばかりをドカ食いしてしまったり、

食生活もそれまでとは時間帯も内容も変わってきますので、

それに対応する事がなかなか出来ずに太ってしまうことがあります。

幸せな環境、状況にいるのにもかかわらずそれに伴う環境の変化に順応出来ていないといって良いでしょう。

反対に、パートナーが一緒にいることで毎晩晩酌を楽しくするようになったり、

美味しいものを食べる機会が増えたという場合にも、知らず知らずに太ってしまうでしょう。

4.異性の目を気にしなくなりスタイルも気にならなくなる

独り身でいる時には「早く恋人が欲しい」だとか

「将来結婚できるのだろうか」なんて事を考えてしまい、

そんな不安を払拭する為に自分の魅力を高める為の努力を色々すると思います。

例えば太っている人はダイエットに励んだり、外見にあまり自信がない人はメイクに力を入れたりして、

少しでも自分の事を魅力的に見せようとするでしょう。

ところが恋人が出来たり結婚したりすると、その時点で「恋人が欲しい」

「結婚したい」というそれまでの願いは叶った状態となってしまいます。

そこをゴールに設定していた人にとっては、それ以上異性の目を気にしたり努力する必要がなくなるわけですから、

自分のスタイルもそれほど気にしなくなってしまいます。

その為、それまで頑張っていたダイエットもやる気がなくなってしまって、太ってしまうというわけです。

幸せ太りは幸せなだけじゃない

一般的に幸せ太りというと「料理上手な奥さんの手料理を食べ過ぎて、

太ってしまった旦那さん」といったイメージですが、実はそれだけが幸せ太りというわけではないんですよね。

太っていると、将来生活習慣病などにもなりやすいですから、

幸せな状態を維持するためにもしっかりと体調管理、食生活の見直しはしておいた方が良いですね。

幸せ太りしている人の特徴4個の関連記事