射幸心を煽られる人の特徴8個

射幸心を煽られる人の特徴8個

みなさんは、ギャンブルなどで射幸心を煽られる人ですか?

それとも周囲にそのような人がいますか?

そのような人がギャンブルでも遊びでもついつい後で後悔するまでやりすぎてしまうのはどうしてでしょうか?

そもそも射幸心を煽られる人はどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは射幸心を煽られる人の特徴について紹介します。

1.射幸心とはギャンブルに勝ちたい心理

射幸心を煽られる人について知る前に、まずは射幸心の定義についてみてみましょう。

射幸心の広い定義は、幸せになりたいという人間の心理全般です。

ただ、日本の風俗営業法での定義は、「偶然に財産的利益を得ようとする欲心」となっていて、

ギャンブルで勝ってお金を得たいをいう欲求に限定されています。

つまり、自分でコツコツ働いて欲しいものや人間関係を手に入れるというのとは別に、

少ない努力でなるべく大きな利益をゲットしたいという賭博の心理です。

この記事でもそちらについて紹介します。

2.ビギナーズラックが忘れられない人

射幸心を煽られる人は、ルールも良くわからないのに初めて挑戦したパチンコで大勝ちした経験があるとか、

友達に連れられてあてずっぽうで買った馬券が、

大当たりだったといういわゆるビギナーズラックの経験が忘れられない人です。

その後本格的にギャンブルにのめり込んで負け続けたとしても、

当初の射幸心を得た記憶が鮮明に焼きついているので、

それをまた得るためになかなか辞められなくなってしまいます。

3.損切りできない人

射幸心を煽られる人は、損をし始めた時点でこのまま続けていくとますます損が大きくなるので、

最小限の損失で切り上げるという、いわゆる損切りが出来ない人です。

ギャンブルを続けて損失が雪だるま式に膨らむにつれ、

それを取り戻す為に一発逆転の大勝を狙い、ますます損失が膨らんでしまうタイプです。

4.いまさら引き下がれないという人

射幸心を煽られる人の中には損失の額よりも、

自分が今までつぎ込んできた労力や時間に捉われて引き下がれなくなる人もいます。

このレースのために1ヵ月間競馬新聞を熟読してきたのに最初に大負けしたからといって引き下がれない。

朝早くから並んで8時間も打っているのに負けて帰れないという心理です。

射幸心とコスト意識がごっちゃになっているパターンです。

5.他の人にチャンスを奪われたくない人

射幸心を煽られる人は、ギャンブルでの勝ちが突然来ることを経験しているので、

自分に来るはずのチャンスが他の人に奪われてしまうことを恐れます。

自分が台を移動したとたんに次の人に出るんじゃないかと考えてしまい、

同じ台で出ないのに延々と粘ってしまうタイプです。

6.楽観的な人

異様に楽観的な人も射幸心を煽られる人です。

トータルで見れば負けが込んでいるのに、ポイントポイントで勝った記憶だけが強調して記憶され、

負けているのに勝っている気になっている人です。

7.思考停止している人

射幸心を煽られる人は、最終的には思考停止に陥ります。

惰性で馬券を買ったり、財布にお金が無くなって始めてパチンコ店を出るなど、

外的要因がないかぎり惰性でギャンブルを続けてしまいます。

いくら負けたとか、どうすれば取り返せるかとか苦悩することを考える思考も停止してしまって、

ギャンブルを続けることが心地良い錯覚に捉われてしまいます。

8.ギャンブル依存症の人

上記の状態が極端になると、ギャンブルをしたいという衝動を抑えきれなくなってしまっている状態に陥り、

ギャンブルをするために借金を重ねる、仕事を辞める、

人間関係が破綻するなど、社会生活に問題をきたしている状態になってしまいます。

この状態は自分の力では辞めることが出来ないれっきとした病気になりますので、

通院、入院、カウンセリングによって治療が必要になります。

いかがでしたか。

重症の例も多かったと思いますが、

射幸心を煽る仕組みと言うのはこのような人間が誰でも陥りがちな心理をうまく利用しています。

客観的に娯楽の範囲内で射幸心を煽られる人になるのは楽しいですが、

くれぐれものめり込み過ぎないようにしましょう。

射幸心を煽られる人の特徴8個の関連記事