社会的制裁を受ける人の特徴5個

社会的制裁を受ける人の特徴5個

社会的制裁とは、法律や条令に違反して、懲役、罰金、執行猶予など法的な制裁を受ける法的制裁とは別に、

職場を解雇される、世間から白い目で見られる、村八分にされるなどの制裁を言います。

それではどんな人が社会的制裁を受ける人なのでしょうか。

ここでは社会的制裁を受ける人の特徴をご紹介します。

1.社会的影響力のある芸能人やスポーツ選手など

社会的制裁を受ける人の代表格は、法律違反、交通事故、恋愛スキャンダルなど内容は様々ですが、

メディア露出の多い芸能人などは問題が起こると世の中からのイメージが著しく悪化します。

結果的に、当事者同士で問題が解決したとしても高感度が悪化して出演番組が減ったり、

謹慎を余儀なくされたりします。

注目度が高い職業ゆえに、些細な出来事でも大きく報道されてしまうと社会的制裁に発展する為、

芸能人などはスキャンダル関係には非常にナーバスです。

2.不倫・浮気をした人

社会的制裁を受ける人は結婚して配偶者がいるにも関わらず不倫をしていることがばれた人もいます。

不倫自体で法的な罰を受けることは無く、離婚にまで発展しなければ慰謝料などの義務も生じませんが、

配偶者に絶大な怒りを買って弱みを握られることになります。

不倫が親戚中に知れ渡った、ママ友に暴露されたなどでこれから一生針のむしろの上で、

生活していかなければならないという社会的制裁を受けることになります。

3.法律に違反したが不起訴になった人

万引き、痴漢などの犯罪を犯したものの、謝罪により被害者側があえて事件化しなかったケースや、

被害者がやむなく金銭で示談したケースでは法的な制裁は受けません。

しかしその分被害者側の怒りの矛先はどこに向けていいのかわからず、

不起訴になったからといって第三者からも許されるわけではありません。

職場を解雇される、地域から後ろ指を指されるなどの社会的制裁からは逃れることができません。

4.法的制裁を受けた人でも社会的制裁は免れない

懲役、罰金など法的な制裁を受けたからと言って社会から許されるかどうかは別問題です。

直接の被害者がいる犯罪の場合は被害者から許されることはないでしょう。

法的制裁を受けた上で社会的制裁も合わせて受けることになります。

メディアで実名報道されたり、地域のうわさが消えなかったり、

法的制裁は完了しても社会的制裁は一生付いて回ることになります。

5.人間関係のトラブルを起こした人

犯罪でも不貞行為でもなくても、友達を裏切った、交際相手を裏切った、

人をだましたなど周囲から嫌悪感を抱かれる行為をした人は、

その後の展開や積み重ねで社会的制裁を受ける人になることもあります。

裏切られた友人が周囲に泣きついてうわさになったり、

だまされた被害者同士が力を合わせて被害を訴えたりすることは、

金銭や謝罪を求めずとも社会的制裁を与える目的があります。

ひとたび、「アイツは最低な人間だ」といううわさが立ってしまえば、

そのグループ間で関係を修復することはほぼ不可能です。

法による制裁は裁判によって罪の度合いに応じた科刑がされますが、

社会的制裁は、社会に与えたイメージ悪化や社会の怒りの度合いによっては、

永遠に続き際限ないものなのでそちらのほうが恐ろしいといえます。

いずれにしても、制裁を受けるようなことを初めからしなければいいのですが、

思い違い、濡れ衣によって一度不当に課せられた社会的制裁は、

制裁する側が濡れ衣に気づいても簡単には消せない物です。

社会的制裁は受けないようにするのはもちろん、

たとえ正義感や怒りにかられていても社会的制裁を相手に与える可能性のある行動には慎重にならないといけません。

社会的制裁を受ける人の特徴5個の関連記事