説明が上手な人の特徴5個

説明が上手な人の特徴5個

人の知らないことを上手に説明できる人は、それだけで博識な印象を受けます。

要点をまとめて分かりやすく人に説明するのは簡単なようで実際には難しいものです。

今回はそんな理路整然と伝えることができる、説明が上手な人の特徴をご紹介します。

1.知識が豊富

人に説明をするためにはあらかじめ知識を持っていることが大前提です。

できるだけ多くの情報を仕入れることも大切ですが、ただ情報だけを詰め込むのではなく、

自分なりに要点を簡潔にまとめて把握することで相手に分かりやすく伝えることができます。

知識が豊富な場合、どうしても気持ちが大きくなって知識をひけらかそうとする方もいますが、

余計な情報は挟まずに相手が知りたい情報を分かりやすく伝えることも説明上手な人の特徴です。

2.物事を客観的に見ることができる

説明上手な人は、自分が持っている知識について客観的に分析することで分かりやすく伝えることができます。

一度自分の中に取り込んだ知識を分析し、

理解を深めることで相手に説明する際に自分の言葉で伝えることができます。

また説明する際にもどのような順序で説明すれば伝わりやすいのかなど、

説明の仕方についても客観的に分析することで分かりやすい説明をすることが可能になります。

説明が下手な方は、紙などに説明したいことについて書き出し、

どのような順序、話し方で伝えれば分かりやすいのか、

客観的に見てみるだけでも改善できる可能性はあります。

3.言葉の選び方が適切

分かりやすく伝えているつもりでも、

知識が豊富な人はついつい専門用語などを使って説明してしまうことがあります。

その専門用語について共通の認識があればよいのですが、

聞き手側がそれを知らない場合には用語についてさらに説明をしなければならず、

全体的な説明がわかりづらくなってしまいます。

普段聞き慣れない言葉をたくさん使ってしまうと聞き手側が萎縮してしまうこともあるため、

なるべく分かりやすく誰もが理解できる言葉で伝えることが大切になります。

聞き手側の知識量によって言葉を選んで説明できる人は、まさに説明上手な人と言えるのではないでしょうか。

4.相手の気持ちを察することができる

説明は説明する側が聞き手側へ一方的に情報を伝えているわけではありません。

会話の中で相手がどれほどの知識を持っているのかを確認し、

誤解しているところは訂正し、足りない部分は補完することが大切です。

また相手の言葉や、表情や仕草から気持ちを察するなどコミュニケーションの基本も重要なポイントです。

説明をする側だとしても、こちらから発信するだけでなく、

相手の気持ちを受け取るためのアンテナを張っておくことが大切です。

5.知っていることを相手に伝える経験が豊富

誰でも初めから説明が上手というわけではありません。

人に伝えるという行為は単純なように見えてそう簡単なことではないのです。

説明上手と言われるような人は何度も伝えることを繰り返し、

失敗を修正しながら少しずつ上達していったのではないでしょうか。

説明が下手という人は日常的なコミュニケーションから見直し、

伝えることを意識することで説明が上手になれるかもしれません。

説明上手な人についてご紹介しました。

説明上手な人は簡単にやっているように見えてそれ相応の努力もしています。

また本人は冷静にしゃべっているつもりでも頭の中で考えていることは意外と漠然としており、

不測の事態になると焦ってしまうこともあります。

相手に説明することはなかなか思うようにいかないものですが、

客観的な見方と要点をおさえることで少しでも相手に伝わりやすくなるはずです。

説明が上手な人の特徴5個の関連記事