性格が悪いと嫌われてしまう人の特徴とは

あなたにとって「性格が悪い人」とはどんな人でしょうか。

性格が悪いと周囲に言われる人の特徴を知ると、知らず知らず自分が当てはまってしまっているケースも珍しくありません。

一般的に周りから性格が悪いと思われる人の特徴を把握しておきましょう。

1.人の文句や悪口ばかり言う人

「あの人こういうところがあるよね」とか「この間あの人こんなことしててさ」と、陰で人の文句や悪口ばかりを言っている人は、周囲から性格が悪いと思われているでしょう。

時々本音で話す、あるいは決まった人にだけ話すくらいの文句や悪口ならまだ良いものの、不特定多数の人に文句や悪口をこぼしたり、会話のネタが人の悪口しかない人は、性格が悪いと言われてしまいます。

全く同じ価値観を持っている人はいないため、必ず食い違いや意見のぶつかり合いは生じてしまうもの。

ただそこでその人の悪口を周りの人に言いふらしてしまっては、言いふらしている人の方に問題があると思われてしまいます。

大人になっても尚文句や悪口ばかり吐く人は「人を認めることができない人」「批判することしかできない人」と思われてしまい、周囲から孤立してしまうこともあります。

明るい話題、自分の話題に切り替えて、性格の悪さを少しずつ改善していく努力が必要でしょう。

2.人によって態度を変える人

異性や上司に対してはワントーンあがったような声で話す人。

逆に後輩やお店の店員に対しては、態度が威圧的になり、言葉づかいも乱暴、越えのトーンも低いなど、使い分けしている人は性格が悪いと言われてしまいます。

人によって態度を変える人の多くは「この人は自分にとって得する存在か」という視点で相手の人を見ていることが多く、自分にメリットがあると感じる人や影響力が大きいと感じる人には気を遣い好印象な態度や行動を見せ、メリットがない、使えないと思った相手には冷めた態度や不快な言動を見せます。

どちらの態度も見ている人は、その人の変化に驚き、また同時に「性格が悪い」と感じるでしょう。

豹変ぶりに「媚びを売っている」と感じたり「人を見下している」と感じたりと、見ているだけでも不快になるものですよね。

人によって態度を変える人、得か損かで人を判断する人は、周囲から性格が悪いと言われてしまいます。

3.僻みから嫌がらせをする人

相手から何をされた訳でも、文句を言われた訳でもないのに、ただただ羨ましい思いが僻みに変わり、相手に嫌がらせをする人は性格が悪いと言われてしまいます。

例えばモテる友達を羨ましく思い「でもあの子本当は性格が悪いから」とか、されてもないのに「嫌なことをされた」と周囲に言いふらしてしまう嫌がらせ。

モテることに対しての僻み、自分がモテないことへの不満が、このような嫌がらせを生んでしまうのでしょう。

僻みを持ったとしても、相手を陥れたり嫌がらせをしていい理由にはなりません。

また必ずこのような嫌がらせは、自分に返ってくることを覚えておくべきです。

「あんなんだからモテないんだよ」と最終的には自分が責められることとなり、性格が悪いと言われるだけではなく、周囲が離れていってしまう危険性もあります。

羨ましく思って僻むくらいであれば、その相手と距離を置いたり見ないようにするなど、他の対策をとるようにしましょう。

4.人の欠点や失敗を探そうとする人

自分が優位に立ちたいのか、それとも自分がそれだけ完璧だと思っているのか、人の欠点や失敗を隅から隅までチェックする人がいます。

できたこと、すごいことは素直に褒めてあげれば良いものの「でもこういうところあるよね」とか「あれはできないくせに」と、悪い所を探そうとします。

相手と仲良くなりたいと思った時、相手の良いところを見つけようとするでしょう。

しかしある程度仲良くなってくると、相手の欠点を見つけようと必死になってしまう人がいるのです。

自分よりも上であると思いたくない、自分以上に完璧にされるのが嫌といった思いが加わるようになり、嫉妬心が芽生えてしまうこともあります。

自分の方ができることを周囲にアピールしたい、自分で自信を持ちたいという人は、相手を蹴落とそうとする行動が見られるようになります。

何かにつけて人の欠点を見ようとする人、あるいはちょっとしたミスやトラブルを責め続ける人は、周囲から性格が悪いと言われるでしょう。

いくら仲良くなってもいつか欠点を指摘されるのではと周囲の人達は思うようになり、その人から離れたり避けたりするようにもなるでしょう。

性格が悪いと言われてしまう人の特徴を知ろう

性格は見た目で判断できません。

相手と徐々に付き合い関係を築いていくにつれて知っていくものです。

その中で「え?」と思う面が見られたら「性格が悪い」と一瞬で印象付けてしまうこともあります。

一般的にどういう人が性格悪いと思われるのかを把握しておけば「それだけはやめておこう」と自分にブレーキをかけられるはずです。

性格が悪いと一度思われてしまったら、なかなか信頼や絆を取り戻すことは難しいものです。

普段からの行いや発言を見直して、自身に当てはまる点がないかを一度チェックしておきましょう。