サレ夫の情けない特徴5個

サレ夫の情けない特徴5個

妻が他の男性と関係を持っている夫、

気がつかないうちに妻に浮気をされている男性のことを「サレ夫」と呼びます。

浮気をするのは男だけではありません。

浮気する女性はけっして少なくないのです。

ここでは、奥さんに浮気をされてしまうサレ夫に注目し、

どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

1.仕事人間で妻と二人で過ごす時間が少ない

サレ夫によくあるタイプは「仕事人間」ということでしょう。

もちろん家計を成立させ、安定した家庭生活を送るためには、仕事をして収入を得なければなりません。

しかし、夫があまりに仕事に熱心で、働いている時間が過度に多く、

家庭のことは二の次、三の次に考えるようになると、奥さんはフラストレーションを感じるようになります。

毎日毎日残業続きとか、休日出勤もめずらしくないというような状態に夫がなると、

そのフラストレーションから浮気に走る女性が少なくありません。

仕事人間は、仕事に疲れて家に帰りますから、奥さんとのコミュニケーションはどうしても少なくなります。

奥さんにとって、それもまたフラストレーションの原因になるため、

それを解消するために他の男性を関係を持つようになります。

あまりに仕事中心の生活になりすぎるため、妻がフラストレーションを感じやすくなるというのが、

サレ夫の特徴ということになるでしょう。

2.セックスに淡白でセックスレス気味

仕事人間ではなくても、サレ夫になってしまうケースがあります。

中でも多いのが、セックスに淡白なタイプの男性です。

男は、結婚する前や結婚直後は、相手の女性に魅力を感じ、

自分から積極的に肉体関係を持とうとしますが、結婚して関係が落ち着いてしまうと、

相手に性的な魅力を感じなくなってしまうことが少なくありません。

特に妻が妊娠したり出産したりすると、妻を女性として見られなくなるということがあるものです。

その結果、セックスの回数が激減し、ほとんどセックスレスのような状態になると、

女ざかりの奥さんがそれにがまんできず、浮気に走るということがよくあります。

前項は、精神的フラストレーションが原因で、奥さんが浮気するというパターンでしたが、

こちらは妻が肉体的にフラストレーションを感じ、その結果、男がサレ夫になるケースということができるでしょう。

3.趣味人間で休日は自分の趣味に没頭する

仕事人間でも、仕事を離れた時間は奥さんといっしょに水入らずで過ごすという男性は、サレ夫にはなりにくいものです。

プライベートタイムを夫婦で仲良く過ごせば、奥さんも浮気したいと思わないでしょう。

サレ夫は、つまり、休日などのプライベートタイムも、奥さんといっしょに過ごさないという特徴があります。

では、どんなことをして過ごしているのか。

それは、自分の好きな趣味です。

何か大好きな趣味があって、その趣味が奥さんには興味のないものである場合、

男性は奥さんを放ったらかしにして、その趣味に没頭してしまうことがめずらしくありません。

その結果、放っておかれた奥さんが不満を募らせ、

ほかの男性に欲求不満のはけ口を求めるようになります。

4.結婚後、外見が激変した

結婚するまではなかなかのイケメンだったのに、

結婚したら外見が激変してしまったというケースがよくあります。

結婚した安心感から、男性は自分の見た目に気を使わなくなり、

その結果、急激に劣化してしまうということがめずらしくありません。

急速にオヤジ化が進んだり、メタボになったり、これは体質によるものでもありますが、

薄毛になったりする夫を見て、奥さんが「男としての魅力を感じない」と思うこともあるでしょう。

それが、奥さんが浮気に走る理由になることがあります。

5.自分も不倫をしている

夫の方が先に不倫をし、それに薄々感づいている妻が、報復のために不倫をするというケースもあります。

「あなたがそうするなら、私もそうする」と女性が考え、それを実践するケースです。

男は身勝手なもので、「男は浮気性なものだけれど、女は浮気をするべきではない」という、

ひとりよがりな考え方をする人が少なくありません。

しかし、そんな身勝手な考え方が通用するはずもなく、

知らないうちに「サレ夫」になってしまっていることがあります。

いかがでしたか。

妻に不倫をされてしまう「サレ夫」の特徴を5点、紹介しました。

「うちの嫁さんに限ってそんなことはない」と思い込んでいる男性が少なくありません。

知らないうちに「サレ夫」にならないようにするための参考になさってください。

サレ夫の情けない特徴5個の関連記事