重い彼女の恐ろしい特徴4個

重い彼女の恐ろしい特徴4個

どんなに容姿が優れていても、どんなに彼氏に対して愛情を傾けていたとしても、重い彼女は嫌われます。

あまりにも愛が重過ぎると、彼氏がそれを受け止めきれなくなってしまうからです。

では、重い彼女とは、具体的にどのようなタイプなのでしょうか。

その特徴についてご紹介します。

1.彼氏にあげるものは、何でも手作りにこだわる

彼女の手料理や手作りの物は、深い愛情が感じられ、彼氏を感動させます。

しかし、彼氏にあげるものを何でもかんでも手作りにしてしまうと、

彼氏がそれを負担に感じるようになり、「重い彼女だ」と思われてしまうようになります。

どんなものであっても、手作りのものには心がこもっています。

しかし、全てを手造りにしていると、次第に、心がこもり過ぎてしまうようになります。

このような場合、「愛」ではなく「彼氏に対する執着の気持ち」がこもってしまうことがあります。

これでは、受け取った彼氏も、大きな負担を感じてしまうのは無理もありません。

手作りは時々であれば喜ばれますが、手作りばかりにこだわると「重い」と思われて、

彼氏から避けられてしまう結果になります。

2.彼氏を束縛したがる傾向が強い

男性化基本的に、束縛されることが嫌いです。

そのため、彼氏を束縛したがる彼女は、重いと思われてしまいます。

例えば、「自分と会っていない時、何をしているのか、誰と一緒にいるのか、全て知りたい」などと彼氏に迫ったり、

彼氏の都合を考えずに「1日に何回かは必ず連絡してほしい」、

「週に何度かは必ず会いたい」などと求めてきたりする女性は、「重い彼女」です。

つまり、自分の欲を満たすために、彼氏の事情など一切気にせず、

様々な要求をしてくる彼女が「重い彼女」です。

お互い大人である以上、相手の事情を考慮しなくてはなりません。

それにも関わらず一方的なわがままを彼氏にぶつけ、

それが通らないと機嫌が悪くなるような彼女は、最終的には彼氏から煙たがられます。

3.頻繁に結婚に関する話題を出したがる

「今付き合っている彼氏と結婚したい」という願いは、多くの女性が持っています。

しかし、「結婚したい」という思いが強過ぎるあまり、結婚に関する話題を頻繁に出して、

彼氏にプレッシャーをかける女性は、「重い彼女」と思われてしまいまいます。

結婚は、これから先の一生を左右するものです。

そのため、いくらお互いに愛し合っていたとしても、それ相応の覚悟がなければ踏み切れません。

特に男性には「大黒柱として一家を支える」という責任がのしかかってくるため、

簡単には決断できないという男性が多いのも仕方ありません。

そのような男性の思いを理解せず、頻繁に結婚の話題を出してくる彼女は、

彼氏のストレスの原因になってしまいます。

4.全ての物事を彼氏中心に考えてしまっている

女性に尽くしてもらうことを喜ぶ男性は少なくありませんが、

あまりにも彼氏に尽くし過ぎてしまう女性は「重い」と思われてしまいます。

自分の意見や生活スタイルを全て彼氏に合わせてしまい、

「彼氏中心の人生」を生きている女性も、「重い彼女」と思われます。

つまり、「自分」というものを全く持たず、全ての物事を彼氏中心に考えてしまうような女性が「重い彼女」です。

人付き合いにおいては、お互いに、ある程度の自由と余裕が必要です。

「どちらかが一方的に我慢を強いられ、相手に合わせなくてはならない」という関係は、

結局お互いのストレスになるからです。

男女交際においても、それは変わりません。

しかし「重い彼女」は、「自分を抑えてでも、彼氏のために生きることが本当の愛だ」と信じて疑わないため、

自分の全てを彼氏に捧げてしまいます。

その結果、それが彼氏のストレスになり、彼氏から避けられてしまう結果に繋がります。

いかがでしたか。

重い彼女は、愛情の傾け方が一方的であるということが特徴です。

彼氏の反応を一切無視して、「こうすれば彼氏が喜ぶに違いない」

「このように接するのが本当の愛の形だ」という一方的な思い込みによって彼氏を愛してしまいます。

その結果、彼氏が大きなストレスを感じるようになり、2人の関係に大きな亀裂が走るようになります。

彼氏から「重い彼女だ」と思われないためには、まずは自分の中の思い込みを捨て、

自分がした行動や言動による彼氏の反応をきちんと見るようにしましょう。

そして、自分の愛情を一方的に暴走させず、

彼氏の反応を見てから次に進むようにするという冷静さを持つことが大切です。

重い彼女の恐ろしい特徴4個の関連記事