胸が弾む人の特徴4個

胸が弾む人の特徴4個

嬉しいことが起きて気持ちが高まっていることを、胸が弾むと言いますが、

そのように胸が弾んでいる人というのは、周りから見ていても何となくわかるものですよね。

そこで今回は、胸が弾む人にはいったいどのような特徴があるのかご紹介します。

1.機嫌がいい

いつも顔を合わせる間柄であれば、相手が普段より機嫌がいいとすぐにわかるものですよね。

普段より笑顔が多かったり、親しげに話しかけてくるなど、

人によってはあまりの変わりようにビックリしてしまうこともあるのではないでしょうか。

特に仕事上や家庭内など、毎日顔を合わせる相手が胸を弾ませている場合には、

「なにか良いことでもあったのかな」と感づいてしまうでしょう。

職場であれば、いつもなら仕事に厳しい上司が、その日は妙に甘かったり、

いつもはキツイ言葉しか浴びせないのに励ましの言葉を言って来るなど、

普段の上司からは想像もできないような行動が見られたりします。

また、家庭であれば、いつもピリピリしながら家事をしている主婦が、良いことがあった日はニコニコと笑顔で、

いつもよりおかずの品が多かったり、少しくらい子供が悪いことをしても怒らず優しく諭すなど、普段よりおおらかになります。

2.動作や仕草が明るい

胸が弾むことで、自然とその気持ちが体の動きに出る人も多いのではないでしょうか。

人というのは、何か落ち込むようなことがあると俯きがちになり動作も重くなるものですが、

その逆に嬉しいことがあると体は軽くなり、いつもより動きが活発になりますよね。

特に子供では、嬉しいことがあるとスキップをしたり、ジャンプするなど自然と喜びが表に出やすいでしょう。

大人でも、いつもより仕草が大げさになったり、足早になるなど、周りからみてもその姿は明るく映るでしょう。

また、口笛を吹いたり鼻歌を歌うなど、胸が弾むことで好きな歌を口ずさむ人もいるでしょう。

3.気前がいい

胸が弾んだことで、その嬉しさから気前が良くなり、みんなにおごり始める人もいるでしょう。

例えば、自分の身に何かおめでたい出来事があったとき、その嬉しさからみんなを飲みに誘い出し、

「今日は俺のおごり」といって、お金を惜しむことなくジャンジャン使うなど、気前が良くなる人がいますよね。

普段はケチでしっかり割り勘だったり、人のためにお金を使いたがらない人も、この時ばかりは別人になり、

周りにおごることが喜びであるかのように「遠慮せずに、どんどん注文していいぞ」などと太っ腹なセリフを言うのです。

4.落ち着きがなくなる

胸が弾むことで、ドキドキしてしまい落ち着きがなくなる人もいるでしょう。

例えば、好きな相手に告白してOKをもらったとか、これから好きな人とデートの待ち合わせをしているなど、

嬉しい気持ちとドキドキ感が入り交じり、ソワソワしてじっとしていられなくなる人もいるのではないでしょうか。

そのため、じっと座っていられずに何度も立ち上がってウロウロしたり、辺りを見渡してはスマホをいじるなど、

とにかく何かしていなければ落ち着かない様子をみせるのです。

また、嬉しさのあまり黙っていられず、友達に電話やLINEで状況を報告するなど、

いつもよりテンションが高くはしゃいでしまう人もいるでしょう。

いかがでしたか。

身近な人の中にも、このようにいつもとは違うテンションで周りを驚かせる人がいるのではないでしょうか。

しかし、機嫌がいいということは周りにいるみんなも自然と明るくなるため、有難いことでもあるでしょう。

特に普段から気難しい上司や、毎日顔を合わなければならない苦手な相手には、

いつも胸を弾ませることで機嫌がよければいいと願いたいものですね。

胸が弾む人の特徴4個の関連記事