靴擦れする人の特徴4個

靴擦れする人の特徴4個

一度できてしまうと痛くてたまらない上に、歩くのに大きな支障が出てしまう靴擦れですが、

靴擦れは原因によっては癖になっている人もいます。

靴擦れする人の特徴にはどのようなものがあるでしょうか。

1.機能性よりデザインを重視し、足に合わない靴を履いている

靴擦れの原因のほとんどが、靴が足に合っていないからと言えるほど、一番の特徴的原因とも言えます。

最近は窮屈な靴は少なくなり、外反母趾などの病気になりにくいよう、

靴も履き心地が良いものが多く売られるようになりましたが、

デザインを重視してサイズが微妙に合っていないものを履き続けてしまったり、

歩くのに疲れを感じるほど重い靴を履くなどすると、靴擦れができやすいです。

靴擦れする人は、履き心地などの機能性よりデザインを重視してしまいがちで、

少々足に合わないことは目をつぶってしまうのが特徴です。

しかし、その少々のフィット感の違和感が、長く靴を履くにつれ、靴擦れに発展してしまいます。

靴擦れで済むだけではなく、酷い場合は外反母趾などの病気に発展してしまうこともあります。

2.姿勢が悪い

靴擦れは、足に靴が合っているにもかかわらずできてしまうこともあります。

どういう場合かというと、姿勢が悪いことによって体が前傾姿勢になっていたり、

逆に沿っていたり、左右どちらかに傾いていたりする場合です。

そのような場合、体の重心が偏り、足にも一定の方向にばかり重心がかかってしまいます。

その結果、足の裏に均等に力が入らず、靴の中の足が圧迫を受けて靴擦れができてしまいます。

靴のサイズ自体は合っているのに靴擦れができやすい人は、

靴の裏を見てみると、一定の方向ばかりすり減っていることがあります。

体の傾きや姿勢の悪さは、整体などに行くとどういう状態かしっかり把握することができます。

また、写真などを写真館で撮影する際に、首が傾いているなど指摘を受けやすい人は、

姿勢が悪いことによって体が傾いていることがあります。

姿勢が悪いことも、靴擦れができやすい特徴と言えます。

3.足の長さが左右異なる

股関節脱臼などの病気の場合や、骨盤が曲がっている人などは、

微妙に足の長さが左右違う人もいます。

そういう人はどうしても体の重心が短い方の足にかかりがちなため、

靴底が極端に偏ったすり減り方をしたり、靴擦れができやすくなります。

股関節脱臼などの人は病院で症状によっては外科手術などが必要になりますが、

骨盤が曲がっている人は整体で矯正が可能です。

骨盤が曲がってしまうために足の長さが左右違う人は、生活習慣の中で、

横座りをしたり、足を組む癖などがある場合が多いです。

普段自覚がない人でも、整体に行って指摘されるという人も多いのです。

市販の靴底は左右同じ高さですので、左右足の長さが異なることも、

靴擦れの特徴的な原因と言えます。

4.歩き方に問題がある

歩き方に癖があり、かかとを擦るように歩いたり、

つま先の方に力が入りがちだったりすることで靴擦れができることがあります。

普段短時間を歩く分にはあまり支障がなくても、たまに長時間歩くようなことがあると、

その癖のために靴と足の間で摩擦が起き、靴擦れに発展してしまいます。

靴擦れができやすい位置や、靴が古くなっていく過程で、

損傷が激しい部分に力が入りすぎていることがありますので、

そういった部分を把握し歩き方を直してみると良いでしょう。

歩き方に問題があることは、靴擦れができる大きな要因・特徴でもあります。

靴擦れする人の特徴には、歩き方や姿勢など、体の重心に偏りがあるといった問題がある場合のほかに、

靴が自分の足に合っていないという物理的な問題があります。

靴を買ってすぐ靴擦れになる人は靴が合ってないという物理的問題の場合が多いですが、

癖になったり段々と靴擦れになったという人は、姿勢や歩き方などの要因が原因している点が特徴です。

靴擦れする人の特徴4個の関連記事