好印象を得る人の特徴4個

好印象を得る人の特徴4個

周囲の人に好印象を与えられる人というのは、行動に共通した傾向があります。

誰しもそのような人には憧れるものですが、

好印象を得る人の特徴にはどのようなものがあるでしょうか。

1.挨拶ができる

初対面の人でも明るく挨拶をしてくれるというだけで、その人を悪く思う人はまずいません。

接客業など一瞬でお客様に好印象を持っていただかなければいけない職種などは、

お客様への一番最初のアプローチはまさしく挨拶です。

挨拶は、相手の存在を認識し、心を開くコミュニケーションの一番最初の重要なきっかけですので、

そこをしっかりできるかできないかでは印象が大きく異なってくるでしょう。

テレビなどでも、特定の人の人柄や印象を尋ねられた人が、

「あの人は会うと挨拶もしてくれていい人です」と回答することが多いように、

挨拶は好印象を得る人の代表的特徴と言えます。

2.言葉遣いが丁寧で適切である

最近は正しい日本語があまり使われなくなり、日常も丁寧な言葉を使わない人が増えています。

間違った発音や、みっともない若者言葉を、アナウンサーなど正しい日本語を話す模範となるべき人までが、

使用している例もあり、嘆かわしいことです。

若いうちは汚い言葉遣いの方がかっこいいと勘違いをしている人も多いですが、

そういった若者も、社会に出ると美しい正しい言葉遣いがいかに重要か思い知ることが多くなります。

例えば先輩や上司と言った上の立場の人でも、部下にちゃんと敬称をつけ、

敬語で話すような人は、部下からも好印象を得て好かれることが多いのです。

また、部下にしても今風の汚い言葉を使わず、丁寧な言葉遣いができる人は、

それだけでしっかりしているという好印象が得られます。

長年一緒にいれば性格なども理解してもらえますが、最初のインパクトが重要な場では、

言葉遣いだけで内面の印象も全く変わってきます。

好印象を得る人の特徴として、言葉遣いが丁寧で適切であることは、

行動面での大きな特徴の一つと言えます。

3.笑顔が印象的である

常に笑っているわけにもいかないものですが、挨拶をした時や、

何気ない会話をした時に明るい笑顔での応対をすることは、好印象を得られる人の行動的特徴と言えます。

接客業などでは顔の表情が印象をいいものにするか悪いものにするか大きなウェイトを占めているように、

人は瞬時に相手の表情でその人の印象を固定してしまいがちです。

もちろんケースバイケースはあり、謝罪の場など笑顔がふさわしない場では、

TPOをわきまえる必要はありますが、そういった例外的な場を除いては、

日常のコミュニケーションでは笑顔が明るく印象的な人ほど、好印象を得られるでしょう。

4.ちょっとした気遣いができる

面識のない不特定多数の人がいる場でも好印象を得られる人というのはいるものです。

どのような人かというと、例えばエレベーターの中などで、

何階に行くのか乗ってきた人に尋ねてボタンを押してあげたり、

降りる際にドアを押さえてしっかり開けてあげるなどの配慮ができる人など、

知らない人にもさりげない親切ができる人です。

他にも好印象を持つパターンとしては、コンビニエンスストアなどで自動ドアになっていない扉を開ける際、

すれ違った客が扉を開けて押さえていてくれたとか、車を運転中に駐車場から道路に合流したい時に、

ライトで合図をして自分の前に割り込めるように待っていてくれる人など、

ちょっとした気遣いができる人は、一期一会の関係であっても、瞬時に相手から好印象を得ることができます。

好印象を得る人の特徴には、大それたことをしなくても、

自分に接する周囲の人に、ちょっとした気遣いを怠らないという事が挙げられます。

挨拶や言葉遣い、笑顔、気遣いなども、どれもそんなに難しい事ではありません。

些細なことでも十分好印象は得られるのです。

好印象を得る人の特徴4個の関連記事