言葉に詰まる人の特徴4個

言葉に詰まる人の特徴4個

何か言葉を発すべきシーンで言葉が出てこなくなって、

言いよどんでしまったり、沈黙してしまうということが人間にはあるものです。

そのように言葉に詰まった経験のある人は少なくないでしょう。

では、言葉に詰まる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

1.質問にどう答えたらいいのかわからない

言葉に詰まってしまうシーンでよくあるのが、人から質問をされた時です。

いくつかのケースがあります。

まず、相手の質問が答えにくいものであるケース。

例えば、新しく始まるドラマの宣伝をするため、女優が記者のインタビューに答えている時、

プライベートで噂になっている異性のことを聞かれたとしましょう。

ドラマに関するそれまでの質問にはすらすら答えられていたのに、

そのプライベートの質問を受けた瞬間、女優が言葉を詰まらせるということがあります。

それはつまり、女優にとってそれが答えにくい質問だったからにほかなりません。

また、なにかのテーマに関して「どう思いますか?」と質問されて、

その意見が自分の頭の中で整理できていないために、言葉に詰まるということもあるでしょう。

さらには、質問されたことの内容が理解できない、

つまり、「何を質問されているかわからない」という場合も、すぐに返事を返すことはできません。

以上、3つのケースとも、「質問にどう答えたらいいのかわからない」というのが、言葉に詰まる人の特徴です。

2.ボキャブラリーが乏しい

話をしている最中に、突然言葉に詰まってしまうということもよくあります。

そのケースで多いのが、「ボキャブラリーが乏しい」という特徴です。

例えば、見た映画の話をしているとしましょう。

その映画に大きな感銘を覚えた時、「ここがこんなふうによかった」という話をすることになります。

その際に、自分が感じた気持ちを、言葉でうまく表せないということがあるでしょう。

豊かな語彙のある人なら、知っているたくさんの言葉の中から、

ふさわしい言葉をセレクトすることができるに違いありません。

しかし、語彙の少ない人は、自分の気持ちにふさわしい言葉を見つけることができず、

「こんな時にはどう表現したらいいのだろう」と迷い、言葉に詰まってしまうということがあります。

3.緊張して冷静さを失っている

「就活の面接で、緊張のあまり言葉に詰まってしまった」という経験がある人は少なくないでしょう。

あるいは、「会社のプレゼンで緊張して、途中で何度も言葉をつまらせた」という経験をした人もいるにちがいありません。

つまり、人間は緊張するとうまく言葉が出てこなくなることがよくあります。

それは、緊張のために冷静さを失い、頭の中が混乱してしまうからと考えていいでしょう。

頭の中が混乱すれば、うまく言葉が出てこないのも当然です。

緊張のために言葉が詰まるケースでは、言葉が詰まったことでさらに緊張し、

ますます冷静さを失ってしまうという悪循環に陥ることが少なくありません。

そのため、何度も言葉に詰まるということになります。

言葉が詰まる人の特徴の一つが、「緊張して冷静さを失い混乱している」ということになります。

4.相手に対して気を使っている

言葉が詰まる人には「話をしている相手に対して気を使っている」という特徴もあります。

人と話をしている時、何かを発言しようと思った瞬間、

「でも、こんなことを言うと相手は不快に感じるかもしれない」とか、

「この言葉は相手を傷つけるのではないか」と考えて、言いよどんでしまうということがあります。

言おうとしたことが相手にとってネガティブな内容の場合、

相手のことを気づかって、思わず言葉を飲んでしまうわけです。

これはつまり、思いやりややさしさから言葉を詰まらせるケースと言うことになるでしょう。

いかがでしたか。

言うべき時に言葉が出てこない人、言葉を詰まらせてしまう人に注目し、4つの特徴を紹介しました。

「自分は言葉を詰まらせることが多い」と言う自覚のある方は、

どのケースに当てはまるかチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分の特徴がわかれば、改善策も見えてくるでしょう。

言葉に詰まる人の特徴4個の関連記事