困ったちゃんの特徴5個

困ったちゃんの特徴5個

周囲の人に迷惑をかけたり困らせたりすることが多い人のことを「困ったちゃん」と呼ぶことがあります。

「身近に困ったちゃんがいる」という方も少なくないでしょう。

ここでは困ったちゃんに注目し、どんな特徴があるのかご紹介します。

1.無神経で相手のつごうや状況を考えない

気配りができないというのが、困ったちゃんの大きな特徴です。

相手のことを考えないために、相手にとって迷惑になる行為を、そうとは知らずにやってしまいます。

よくあるのが、同じ職場で働いている同僚に、無神経に話しかけるというタイプの困ったちゃん。

ふつうの社会人なら、その人が今どういう状況かを考慮して、

できるだけ相手の迷惑にならないタイミングで話しかけるものでしょう。

もちろん、仕事上で緊急性のある用件であれば、

相手がどんな状況であれ、早急に連絡や報告を行う必要があります。

しかし、そうでない用件の場合は、

相手が忙しそうにしていないタイミングを選んで話しかけるのが常識です。

しかし、無神経なタイプの困ったちゃんは、相手のつごうなどおかまいなしに、

「自分が話したい」というタイミングで話しかけるのです。

相手は仕事を中断しなければなりませんから、

迷惑この上ない困ったちゃんということになるでしょう。

2.すぐに人に頼る

子どもならともかく、大人は何か問題やトラブルなどが発生した時、

自分でなんとかしようとするのがふつうでしょう。

しかし、中には、すぐに人に頼り、人になんとかしてもらおうとする人もいます。

こういう人が同じ職場にいると、同僚はしょっちゅう、

困ったちゃんの抱えている問題処理をしなければなりません。

それは本来、困ったちゃんが自分で行うべき仕事なはずです。

つまり、頼られた人は、自分以外の人の仕事をさせられるはめになるわけです。

それはよけいな労力であり、よけいな時間にほかなりません。

その間、自分自身の本来の仕事をすることができなくなるわけです。

職場以外でも、このタイプの困ったちゃんが近くにいると、

その人のためによけいな時間を取られてしまうことになるでしょう。

3.向上心がないため、同じミスを何度でもくりかえす

向上心を持たないタイプの困ったちゃんも少なくありません。

例えば、仕事に対して向上心がない場合、いつまでたっても一人前になれないということになりかねません。

仕事をなかなか覚えられなかったり、いちおう覚えられてもミスをなんどもくりかえすわけです。

ミスをして、上司や先輩、あるいは同僚から怒られると、

その時はとりあえず反省の態度を見せますが、向上心がないため、

心から反省するということはなく、また同じミスをしてしまいます。

これは、周囲がいくらレクチャーしてもぜんぜん成長しないタイプの困ったちゃんと言うことになるでしょう。

4.わがままで思い通りにならいと気がすまない

困ったちゃんには「わがまま」という特徴もあります。

自己主張が強く、「自分はこうしたい」ということをはっきり口にし、

そのとおりにならないと不機嫌になったり、怒ったりします。

言い換えると、幼児性が強いタイプの困ったちゃんと言うことができるでしょう。

こういう人が近くにいると、周囲の人はできるだけその人の機嫌をそこなわないように配慮します。

つまり、これは、周囲によけいな気づかいをさせるタイプの困ったちゃんです。

5.無自覚

ほとんどの困ったちゃんに共通している特徴を最後に紹介しましょう。

それは「無自覚」ということです。

困ったちゃんは、自分がいかに周囲に迷惑をかけているか、

手を焼く存在だと人に思われているかを、まったく自覚していません。

逆に言うと、自覚がないからこそ困ったちゃんであり続けるということになるでしょう。

自分が困ったちゃんであるという自覚があれば、改善されるわけです。

ひとくちに困ったちゃんと言っても、いくつかのタイプがあります。

ここではその中から代表的なものを紹介しました。

困ったちゃんは無自覚のケースがほとんどですので、

一度セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

困ったちゃんの特徴5個の関連記事