国際人のグローバルな特徴4個

国際人のグローバルな特徴4個

現代はグローバル社会と言われているため、広い視野や世界観を持った人が益々求められる時代です。

そのため、「真の国際人」は、そんな現代社会において非常に重宝される存在です。

では、国際人とは具体的にどのような人のことを言うのでしょうか。

その特徴についてご紹介します。

1.楽しみながら外国語を学ぼうとし、積極的に外国語を遣おうとする意識が高い

国際人に欠かせない能力の1つが語学力です。

そのため、今の時代は誰もが一生懸命外国語の勉強をしています。

しかし、どんなに一生懸命勉強しても、それを生かし切れていない人が多くなります。

国際人と言われる人たちは、外国語を学ぶ時、少しでも楽しみながら学ぶという工夫を取り入れています。

例えば、自分が学んでいる言語の映画や音楽を鑑賞しながら、

楽しく勉強しようとするので、短い時間であっても、確実に自分の頭に残ります。

そして更に、自分が勉強した外国語を、実践の場で積極的に使おうという意識も高いことが特徴です。

そのため、インターネットやパーティーなどの国際交流の場に自分から顔を出し、

間違えることを恐れずに、学んだ外国語を少しでも使うための行動を起こします。

2.物怖じせずに、自分から外国人に話しかけることができる

国際人は、初対面の外国人に対しても、

決して物怖じせずに自分から話しかけていくことができるということが特徴です。

そのため、相手も自然に心を開いてくれるようになり、

いつの間にか彼らの周りには、国籍を問わない友達が溢れるようになります。

コミュニケーションは、まず自分から心を開き、自分から相手に話しかけていかなければ何も始まりません。

国際人はこのことをしっかり心得ているため、

「恥ずかしがらずに自分から心を開き、相手にアプローチしていく」という行動が習慣化されているのです。

もちろん、彼らにも最初は、「知らない外国人に話しかけるのが恐い」と感じた時期はあったでしょう。

しかし彼らは、勇気を出してはじめの一歩を踏み出し、

それを継続する努力をしたからこそ、誰とでも物怖じせずにコミュニケーションをとれるようになったのです。

3.日本の常識だけで物事を考えない

国際人は、常にグローバルな視点で物事を考えるという習慣が身に付いています。

日本に長く住んでいると、どうしても日本の常識だけで物事を判断してしまいがちです。

しかし、世界に目を向けてみると、日本で「正しい」と信じられていることが、

他の国では必ずしもそうではないという場合が多いのです。

国際人は、そのことをきちんと理解しているため、できるだけ広い視点から物事を考えるようにし、

日本の視点だけに偏らないように常に意識しています。

そのため国際人は、日本の常識をはるかに超えた素晴らしいアイデアを生み出すことができます。

目を向ける視野が幅広いため、考えが非常に中立的で、「偏る」ということがありません。

そのため、どんな場においても、誰に対しても、平等に振る舞うことができます。

4.相手の考えや習慣をリスペクトすることができる

いくら外国語が上手でも、どんなに海外に言った経験が豊富でも、

人と良い関係を築くことができない人は「真の国際人」とは言えません。

国際人は、どんな国の人を前にしても、相手の考えやその国の習慣をきちんとリスペクトしながら接することができます。

どんな国の人でも、自分自身や自分の生まれ育った国をリスペクトされれば、次第に心を開いてくれるようになります。

その結果、良い関係を築くための第一歩が踏み出され、国籍に関係なく、多くの友達ができるようになります。

いかがでしたか。

国際人は、ただ単に「外国語が流暢である」「海外に行った経験が豊富である」というだけではなく、

「常に広い視野で物事を考え、決して考えが偏ることのないように意識している」ということが大きな特徴です。

そのため、どんな国の人に対しても平等に接し、良い関係を築くことができます。

日々楽しく外国語を学び、学んだ外国語を使って積極的に人とコミュニケーションを取ろうというポジティブさも持っています。

ただ机に向かってひたすら外国語をべんょうするだけでは、国際人にはなれません。

どんな国の人とでも楽しみながらコミュニケーションができ、

お互いリスペクトし合いながら良い関係を築くことができる人こそが、「真の国際人」です。

国際人のグローバルな特徴4個の関連記事