孤独感を感じる人の心細い特徴4個

孤独感を感じる人の心細い特徴4個

表面的にはわからないようにしていても、

実際には心の中では孤独感を感じている人も多いものですよね。

そこで今回は、孤独感を感じている人にはいったいどのような特徴があるのかご紹介します。

1.人付き合いが苦手である

学校や会社など集団生活を送る中で、人付き合いが苦手なためになかなか友達が出来なかったり、

孤立してしまうなど一人でいることが多い人は孤独を感じているでしょう。

人付き合いが苦手な人は、「周りに気を遣うくらいなら一人でいるほうが楽」といった考えの人も少なくないのですが、

実際はいつも一人でいることに悩んでいる人も多いのです。

また、このようなタイプは、プライベートでも友達がおらず休日にも一人で過ごすことがほとんどなため、

やはり孤独を感じやすいでしょう。

何か困ったことがあっても誰にも相談できず一人で悩みを抱えていたり、

情報を提供し合える仲間もいないため、

学校生活や仕事面で支障が出る場合もあり、常に孤独と戦っている人もいます。

2.一人暮らしをしている

一人暮らしをすることは、誰にも干渉されずに自由気ままに過ごせる反面、

なんでも一人でやらなければならず孤独を感じる場面も多くなります。

例えば、高熱でいくら辛くても看病してくれる人もいなければご飯の支度をしてくれる人もいないなど、

病気の時に一人暮らしの孤独さを痛感する人もいるでしょう。

また、恋人がいるときは一人暮らしのほうが相手を部屋に呼びやすく便利がいいですが、

恋人と別れた直後だったり、恋人が欲しくてもなかなか巡り合えない状況の場合には一人暮らしはきついものです。

それから、今はお年寄りが一人で住んでいるケースも少なくありませんよね。

このように一人暮らしをしているお年寄りは、

自分の体調から「もしかしたら孤独死するんじゃないのか」と不安になったり、

「動けなくなっても介護してくれる人がいないのでは…」と将来を悲観しがちです。

3.社会から遠ざかっている

結婚や出産を機に仕事を辞め、家庭に入る人も少なくありません。

最初は「寿退社しました」とか「妊娠しました」と幸せそうに話していたのに、

毎日家にいて家事や育児をする生活になり「自分だけが社会から遠ざかっている」と孤独感を感じる人も多くなります。

また、なかなか就職先が決まらず職探しに焦っていたり、

人間関係のトラブルから会社を辞め次の仕事に就けないなど、

働かなければならないのに働いていないという後ろめたさから孤独を感じる人もいるでしょう。

特に、精神的に社会に出ることが怖くなり仕事をしていない人にとって、

孤独感は大きなものであり深刻な問題になっています。

4.心を許せる人がいない

表面的には楽しそうに振舞っていても、いざ何かあったときに頼れる人がいなかったり、

上辺だけの付き合いであるなど、結局は心を許せる人がいないといった人も多いのではないでしょうか。

普段世間話をしたり、気軽に悩み相談に乗ってくれる友達や知人はいても、

自分のすべてをさらけ出せていなかったりプライドが邪魔をして「こんなこと話したら嫌われるかもしれない」と、

つい事実ではないことを話してしまう人も少なくありません。

そのため、人気者でチヤホヤされていても実は孤独を感じていたり、

友達が多いように見えても親友と呼べる人がいないなど、

思った以上に孤独感を感じている人はたくさんいます。

いかがでしたか。

このように外見では元気に生活しているように見えても、

一人になったときやふとした時に孤独を感じている人がたくさんいるのです。

もし、孤独感に押しつぶされそうになったときは「孤独を感じているのは自分だけじゃない」と自分に言い聞かせることで、

少し心強さを持てるかもしれません。

また、時には気分転換をしたり、思い切って自分が孤独を感じていることを、

周りの人に話してみるのも必要なのではないでしょうか。

孤独感を感じる人の心細い特徴4個の関連記事