既読無視する彼氏の心理的特徴5個

既読無視する彼氏の心理的特徴5個

彼氏にメッセージを送ったのに、既読無視されてしまうということもあります。

女性にとっては大変に気になることです。

ここでは、既読無視をする彼氏について、なぜ既読無視をするのか、

どんな心理的特徴を持っているのか見ていくことにしましょう。

1.彼女に気安さを感じるため、めんどくさいと思っている

例えば、彼氏のところに知り合って間もない人からメッセージが届いたとしましょう。

おそらく彼氏は、既読無視をしないはずです。

それは、まだうちとけていない相手に対する遠慮があるからです。

遠慮があればあるほど、「返信が遅れると相手に悪い」と感じ、

彼氏はできるだけ早く返信しようとするでしょう。

これは彼氏に限ったことではなく、人間は遠慮のある相手に対して、既読無視をすることはまずないのです。

つまり、彼女からのLINEを既読無視するのは、彼女に対して遠慮がないからです。

彼女に気安さを感じているため、彼女からのメッセージに返信するのがついめんどくさく感じられ、

その結果、ほったらかしにしてしまいます。

男性は特にこうしたことをめんどくさく感じる傾向がありますが、

相手が心やすい相手、気を使わなくてよい相手だと、よけいにめんどくさく感じると考えていいでしょう。

2.送られてきたメッセージの内容に、返信する必要性を感じていない

個人差はありますが、女性と男性では、女性の方がマメにコミュニケーションを取る傾向があります。

ですから、友達同士のやり取りなどでも、たとえ内容がどんなものであっても、

すぐに返信をすることが、女性には多いのです。

それに対して男性は、マメでないため、そのLINEの内容に応じて、

「これは返信したほうがいい」とか「これは返信する必要はない」という判断をし、

後者の場合は返信を省略するということがよくあります。

つまり、彼女から来たメッセージの内容が返信する必要のないような軽いものである場合、

既読無視をする可能性があると考えていいでしょう。

「返信の必要性を感じない」というのが、このケースの彼氏の心理的特徴ということになります。

3.ほかのことで頭がいっぱい

例えば、仕事に専念している時に、彼女からLINEが来たとしましょう。

いちおうメッセージをチェックしたものの、頭の中は仕事のことでいっぱいなため、

「後で返信しよう」と思いながら、それを忘れてしまうことがよくあります。

あるいは、何か悩みごとを抱えていたり、心配なことがある場合も、

そのことばかりを考えてしまいますので、同じように返信を忘れてしまうことが少なくありません。

既読無視をする彼氏には、「頭の中がほかのことでいっぱい」という心理的特徴もあります。

4.彼女に対して気持ちが冷めている

「前はそんなことはなかったのに、最近、よく既読無視するようになった」という場合、

考えられる彼氏の心理は2つあります。

1つは、最初の項目で紹介した、「彼女に気安さを感じている」という心理ですが、

もう1つ、「彼女に対する気持ちが冷めている」という心理も考えられます。

この場合、彼女に対する愛情がなくなったために、返信する意欲がわかないわけですが、

同時に、あえて既読無視をすることによって、

気持ちが冷めていることを彼女にわからせようとすることも少なくありません。

つまり、その場合は、既読無視が彼氏からの無言のメッセージということになるでしょう。

5.気分屋で、今は返信したい気分ではない

既読無視をする彼氏には、「気分屋」という心理的特徴もあります。

気分の良い時にはすぐに返信するのに、そんな気分ではない時には放ったらかしにしてしまうというケースです。

この心理の場合、彼氏に他意がないことは言うまでもありません。

単に「気分が乗らないから」という理由だけで、返信を省略してしまうだけです。

彼氏が気まぐれな気分屋タイプで、すぐに返信が来ることがあるかと思えば、

既読無視することもあるという場合は、このケースである可能性が高いでしょう。

いかがでしたか。

既読無視をする彼氏の心理的特徴を5種類紹介しました。

同じ既読無視でも、さまざまな、まったく違う心理が隠されていることがおわかりいただけたでしょうか。

参考になさってください。

既読無視する彼氏の心理的特徴5個の関連記事