彼氏から連絡がこない彼女の特徴4個

彼氏から連絡がこない彼女の特徴4個

できれば好きな彼氏には、自分からだけではなく、彼氏からも連絡をもらいたいものですよね。

気付けばいつも自分からの連絡で、彼氏からなかなk連絡がこないという場合、自身に問題がある可能性も。

彼氏からなかなか連絡がこない彼女にはどんな特徴が見られるのでしょうか。

1.常に連絡している彼女

「おはよう」「これから友達と出かけてくるよ」「今帰ったよ」と、

すべてにおいて常に連絡するような彼女には、彼氏から連絡しようと思わないでしょう。

彼氏が自分から連絡しなくても、頻繁に彼女の方から連絡がくるとなれば、常に連絡を取っている状態となります。

また、このように自分の行動や思いを常に連絡していることで、

彼氏が疑問に思うこと、不安に思うことがなく、常に平常心の状態をキープしています。

気になることがなければ彼氏から連絡がくることはないでしょうし、

いつでも彼女から連絡がくる状態では、あえて自分から連絡する必要がないと感じるでしょう。

2.行動パターンがいつも一緒な彼女

家と職場の行き来のみで平日は過ごしているなど、毎日の行動パターンが読まれてしまい、

それ以上知ることがない場合は、彼氏からほとんど連絡がこないでしょう。

彼女が今何をやっているのか、どこでどう過ごしているのかは、大抵時刻を見れば察知できる。

このようなワンパターンな生活だと、彼氏が勝手に解釈してしまう為、連絡をするまででもないと思われてしまいます。

行動に変化をつける、いつもと違う所から連絡してみるなど、彼氏に少しだけ不安を与えてみるのも良い方法。

聞かなくても見なくても、その行動が見えてしまうという彼女は、彼氏からほとんど連絡がこないのです。

3.安心され過ぎている彼女

「こいつは何をやっても俺についてくる」と、彼氏が絶対的な自信を持っている場合は、

自分から連絡をしなくても大丈夫だと安心しきっています。

彼女の彼氏への思いがとても強い、言いなりになってくれる、折れてくれるなど、

彼氏から見て彼女が「扱いやすい彼女」になっていると、安心され過ぎて連絡を怠ることがあります。

恋愛関係の間では、多少の危機感、不安、心配といったものは合った方が相手への関心が続き、

すべてが安心感に変わってしまうと、手を抜く場面が多くなってしまいます。

もし至れり尽くせりの行動をしている場合は、加減したり少し距離を置くなどして、

彼氏に多少の不安や心配を与えてみるべきです。

4.本命の彼女じゃない

自分で「彼女」と思い込んでいるだけであって、本当は二番目の彼女、

もしくは浮気相手ということも考えられますよね。

自分は相手を彼氏だと思っているのに対し、彼氏は「遊びの女」としか思っていなかったら、

彼氏から連絡がくることは少ないでしょう。

どこで何をやっているのか気にならない、自分への連絡が少なくなっても気にならない、

離れていっても別にいいと思うのは、本命の彼女ではないから。

自分が本命の彼女じゃないのかを確認するために、

「もっと連絡してほしい」「もっと気にかけてほしい」と言ってみるのも良いかもしれません。

本命であれば「これから直すよ」と改善が見込めますが、

本命以外であれば「面倒」と思われて距離を置かれるパターンもあるでしょう。

いかがでしたか。

彼氏からほとんど連絡がこない場合、「本当に好きでいてくれているのかな」

「私なんていらないのかな」と不安になってしまうこともあるでしょう。

もし彼氏に安心を与えすぎる、あるいは行動パターンが読まれてしまっているという場合、

少しミステリアスな面を出した方が良いかもしれません。

多少なりとも疑問や不安を相手に与えることで、今以上には連絡してくれるようになるでしょう。

彼氏から連絡がこない彼女の特徴4個の関連記事