彼氏に劣等感を感じてしまう彼女の特徴3個

彼氏に劣等感を感じてしまう彼女の特徴3個

大好きな彼氏なのに一緒にいるとそんな彼氏に劣等感を感じてしまうことはありませんか。

劣等感を感じるあまり、彼氏と一緒にいるのが辛くなってしまう場合もあります。

今回はそんな彼氏に劣等感を感じてしまう彼女の特徴についてご紹介します。

1.彼氏のことが好き過ぎる

どんなカップルであってもお互いの事が好きでお付き合いが始まるのが普通の付き合い方ですよね。

片思いだと思っていたけれど、勇気を出して告白したら実は両想いだったとか、

ダメもとで告白してみたら意外にもOKをもらった、なんていうスタートもあるかとは思います。

けれど、スタート時点である程度好きな度合いが彼氏彼女で違ったとしても、

付き合っていくうちにお互いの気持ちのバランスは自然と取れていくものですよね。

ところが、気持ちのバランスが取れるどころか、どちらか一方の気持だけが高まっていく、

あるいは冷めていくカップルも残念ながら存在します。

彼女の方が彼氏の事を好き過ぎる場合、ちょっとしたことで彼氏に対して劣等感を感じてしまう事があります。

彼氏は私の事なんてそんなに好きでもないのに、

それでも付き合ってくれているというような考え方をしてしまうからです。

だからと言って彼女としてはもちろん別れたいわけではないですから、

劣等感を感じながらも「こんな私を選んでくれた」という優越感も同時に感じている事でしょう。

2.彼氏を崇拝し過ぎている

何かに依存するタイプの人というのは、1番身近にいる人に最も依存しやすい傾向があります。

家族以外では、友達や彼氏に対しても同じように依存してしまう人はいるでしょう。

長い時間を一緒に過ごす相手ですから、

その人の言っていることが自分のすべてのように感じてしまうんですね。

優しい彼氏やマメな彼氏であればなおさらのこと、

自分で考えて行動するよりも楽ですから、より一層依存度は増していくでしょう。

そのうち彼氏の言っていることに対して疑問を持つことさえ少なくなってしまいます。

何でも任せておけば大丈夫だと思うあまり、彼氏の事を崇拝してしまう女性もいるでしょう。

そうなると、彼女にとって彼氏はもう対等な相手ではなくなってしまいます。

自分よりも高いレベルにいる彼氏と比べて、

自分は一体何なんだろうと考えた時に、

自分ってなんてダメなんだろうという劣等感にさいなまれてしまうでしょう。

3.根拠なく彼氏を疑ってしまう

彼氏の外見がとても格好良く、そのうえ性格も良いとなれば彼女からしたら、

他に女の人の影がないかどうかという事は常に気になる要素となってしまいますよね。

そんなふうに、彼氏は何も悪い事をしていなかったとしても彼女が自分に自信がないばっかりに、

ついつい疑心暗鬼になってしまって彼氏のことを疑い続けたり問い詰めたりすることがあると思います。

けれども、冷静になって考えてみるとそんな風に思ってしまう、理由も原因もない事に気が付くはずです。

大好きな彼氏の事をただ単にやきもちや嫉妬だけで疑ってしまっていた事に気が付くと同時に、

自分の事が恥ずかしくなってしまうでしょう。

そうした事が重なると劣等感を感じずにはいられません。

元々疑い深い性格であった彼女の場合はお付き合いをして行く中でそういった性格が悪化しないとも限りません。

疑い深い人というのは自分の芯となる考えを持っていない人である事が多いので、

小さな疑問や問題点、反省点などを一度日記につけてみられることをオススメします。

夜眠る前に毎日日記を少しでも見直して、どんな原因で自分が彼氏を疑ってしまうのか、

きちんと把握する事で今以上の関係を気付くことが出来るでしょう。

自分は自分という開き直りも大切

彼氏にとって自分はどんな存在でありたいか、ちょっと考えてみて下さい。

彼氏基準ではなく、自分基準でお付き合いの仕方や2人の関係性を考えてみると、

彼氏に対して劣等感を抱く必要はなくなります。

対等な関係で長く気負わないお付き合いが出来ればよいですね。

彼氏に劣等感を感じてしまう彼女の特徴3個の関連記事