彼氏がむかつく時の対処法4個

彼氏がむかつく時の対処法4個

つきあっている彼氏がむかつくような言動をしたり、態度を見せたりすることもあるでしょう。

そんな時にはどんな対処をしたらいいのか。

ここでは、彼氏がむかつく時のオススメ対処法をご紹介します。

1.むかつくところを冷静に直してほしいと頼む

彼氏がなにかむかつくようなことを言ったりしたりしたときは、

つい感情的になってしまいがちですが、それは良い対処法ではありません。

こちらが感情的になれば、彼氏のほうも感情的になり、ケンカになってしまうだけだからです。

大切なのは、そのむかつくところを彼氏に直してもらうことでしょう。

彼氏がそれを自覚して改善してくれれば、むかつく原因を取り除くことができるわけです。

ですから、何かむかつくことがあったら、できるだけ冷静になって、あなたが不快に感じた点を彼氏に伝えましょう。

そして、「そういうところを直してくれるとうれしいな」とか、「直してくれたらもっと好きになる」というように話すのです。

つきあっている彼女からそんなふうに言われれば、彼氏は「直そう」という気になるに違いありません。

一度伝えただけでは直らないかもしれません。

その場合は、二度でも三度でも同じように彼氏と話をしましょう。

コツは、子どもを相手にしているつもりになること。

「子どもをしつけている」という意識で向き合えば、腹が立ちにくいのではないでしょうか。

2.とりあわないで放っておく

むかつく彼氏に対するもっとも賢明な対処法は、彼氏に取り合わないで放っておくというやり方です。

もちろん、どうしても許すことができないレベルのことであれば、

放置するのはむずかしいですし、放置しない方がいい場合もあるでしょう。

しかし、それほどのレベルのことではない場合は、取り合わないのが一番です。

まともに取り合って相手にすれば、よけいに不快になり、ストレスが溜まるばかりです。

ですから、可能であるなら、彼氏にむかつくことがあっても、

いちいち取り合わず、相手にしないようにしましょう。

3.少し距離を置く

あまりにむかつくことが続いたり、許せないように感じるような場合は、

彼氏と少し距離をおくという方法がオススメです。

この場合は、自分が不快に感じたということをはっきり伝えた上で、彼氏としばらく会わないようにします。

あなたがむかついたことを伝えてあるわけですから、彼氏はあなたが会おうとしない理由はわかっているわけです。

あなたと会わない時間に、彼氏が反省してくれることもあるでしょうし、

あなた自身も冷静で客観的な目を取り戻すことができるに違いありません。

彼氏にはむかつくところがあっても、良いところも当然あるはず。

距離を置くことで、彼氏のことを客観視できるようになり、彼氏への気持ちも整理できることでしょう。

それが二人の関係の向上につながることも大いにあり得るのです。

4.強く抗議する

いくら冷静に話しても、距離をおくことで彼氏に反省をうながしても、

いっこうに改善されず、むかつくような言動を繰り返してばかりいるようなら、強く抗議するしかありません。

どういうところがむかつくにかをはっきり伝え、改善する気がないのかを確認しましょう。

その上で、「その点を直してくれないと、これ以上付き合うことができなくなるかもしれない」と伝えるのです。

ポイントは、強く抗議しながらも、けっしてケンカ腰にはならないように注意すること。

ケンカ腰になるとあちらも感情的になり、「じゃあ、別れよう」というような話になりかねません。

ハプニング的に別れてしまうことを避けるために、

語調はある程度強くしても冷静さを失わないようにする必要があります。

彼氏がむかつく時のオススメ対処法を4種類、見てきました。

一口にむかつくと言っても、不快さの度合いによって対処法は違ってきます。

あなたの気持ちに応じた、納得できる対処法を選ぶといいでしょう。

参考になさってください。

彼氏がむかつく時の対処法4個の関連記事