彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動7個

彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動7個

彼氏と付き合っていて、普段は仲良く付き合っていたとしても、

時々ふと考えると怖いと感じてしまう行動や、普段から我慢しているけど、

その行動は怖いと感じる彼氏の行動があるのではないでしょうか。

ここでは、付き合っている彼女が彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動をご紹介します。

1.異常にマメな性格

彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動は、一見彼女のことをラブラブで愛していてうらやましいような、

マメな性格も怖いと感じてしまうことがあります。

例えば、1日の間に頻繁にLINEのメッセージが送られてきて、返事がすぐ返ってくるか、

スタンプが既読になるかをマメにチェックしているのが感じられるときや、

彼女のSNSをリアルタイムでウォッチしていて、投稿すると即座にいいね。

が押されるなど、好意的にとらえれば気にしてくれていると感じますが、

彼女が知らないところで浮気していないか監視されているようで怖いと感じます。

2.細かいことまで束縛が激しい

彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動は束縛にも表れます。

ちょっとくらいならかわいいし、やきもちを焼くのも多めにみてあげられますが、

女友達と出かけるときにまで、彼氏からもらったアクセサリーを付けないと機嫌が悪くなる。

お風呂に入っている間まで指輪をハマめることを義務付ける。

彼氏に報告なしに新しい服を買っただけで怒るなどの行動は、

束縛が激しすぎて怖いと感じてしまいます。

3.異常に注意力が鋭い

自分のことをよく見ていてくれるのはいいのですが、

異常に注意力が鋭いとやはり監視されているようで怖いし、どうでもいい隠し事すらできなくなるので怖いです。

整髪料変えた?その香水、前に横浜行った時と同じだね。

そのペンのメーカー、○○だよね。

など事細かにチェックしていて少しでも変化があると指摘してくるような彼氏だと、

もし些細な隠し事でもした日には即バレて追及されるんじゃないかと怖いと感じます。

4.記憶力が異常にいい

一度しか話していない内容を事細かに記憶していたりすると、

単純に彼氏の頭がいいだけかもしれませんが、

監視して自分のことを疑っているのではないかと思って怖いと感じます。

「前回ここに来たのは5月22日の火曜日だったね」

「○○先輩って、前に言ってた足立区に住んでて5歳の子供が公園で転んだ人だよね」など、

話の本筋と関係ない細かい情報を記憶していることをひけらかされると、

自分が嘘をついたときに矛盾を追求するための証拠集めをしているのではないかと怖く感じます。

5.目が笑っていない

いつも一緒にいるときに楽しそうにしているのによく見ると目が笑っていないときがあると、

本当に心から楽しんでいるのではなく裏で何か怖いことを考えているのではないかと怖くなります。

目が笑っていないときに表面上明るいいい人であるほどいつか豹変するのではないかと怖いと感じます。

6.いきなりキレる

普段から怒りっぽいのも困りものですが、

一般的な頻度で怒る人ならどんなことをすると怒るのかという怒りのポイントを彼女も理解できて、

だんだん怒らせないようにすることができますし、怒ったときにどうなるのかわかるので対処しようもあります。

でも通常はどんなときでもニコニコ笑っているのに、

瞬間的に怒りを爆発させるタイプの人はいつ怒るかわからないし、

爆弾のようなもので普段から怖いと感じます。

7.暴力を示唆する

一番怖いのは暴力的な人です。

普段から戯れで頭を軽くたたく、つかんで揺さぶるなど冗談でもそういう暴力的な行動を取る男性は、

知らず知らずのうちに力の弱い女性を力で支配したいという意思が見え隠れしています。

冗談でも「殴るよ」といって拳を振り上げる仕草をしたり、

「どうなるかわかってんだろうな」なんていう暴力的な言動や暴力を示唆する人を怖いと感じるのは当然です。

生理的になんとなく彼氏を怖いと感じてしまうケースから、

物理的に彼氏を怖いと感じてしまうケースまで様々です。

女性のみなさんは自分の彼氏が当てはまらないか、

男性のみなさんも少しでも当てはまる部分があるなら改めるように気を付けましょう。

彼氏を怖いと感じてしまう彼氏の行動7個の関連記事