彼女と別れたくない時の対処法5個

彼女と別れたくない時の対処法5個

つきあっている彼女から、別れを切り出されれば、だれでもショックを受けるでしょう。

こちらも気持ちが冷めていれば別ですが、そうでなければ「別れたくない」と思うに違いありません。

では、彼女に「別れたい」と告げられ、

「別れたくない」と思った時はどう対処すればいいのか、オススメの対処法を紹介しましょう。

1.冷静に彼女の話をきちんと聞く

彼女に別れを切りだされた時に一番やってはいけないのは、感情的になってすがりつこうとすることです。

中にはショックのあまり泣いてしまう男性もいますが、

そんな彼氏の姿を見れば、彼女の気持ちはますます離れて行ってしまうに違いありません。

別れ話をされれば、動揺することは避けられないでしょうが、

努めて冷静になって、彼女の話をしっかり聞くようにしましょう。

どうして別れたいと思ったのか、自分に問題があるのか、

ほかの人を好きになったのかなど、彼女の言い分をじっくり聞いてください。

彼女の気持ちを正確に把握することによって、

別れを回避するための道を模索することが可能になります。

2.「別れたくない」という気持ちを率直に伝える

彼女の話をきちんと聞いた上で、「別れたくない」という気持ちを率直に伝えましょう。

自分にとって彼女がいかに大切な存在であるか、

彼女のことをいかに深く愛しているかを、過度に感情的にならず、冷静に説明します。

その上で、「もし、自分に何か問題があるなら、

それを改善することで、関係を修復することはできないか」と聞いてみましょう。

何か具体的な問題点があって、それが原因で彼女が別れを考えている場合、

その問題をあなたが改善することで、結果として関係が修復されるという可能性はゼロではありません。

そう簡単なことではありませんが。

あなたの努力次第で別れを回避できることもありえるのです。

ですから、まず「別れたくない」という思いを伝えた上で、その可能性を探ってみましょう。

3.冷却期間を置くことを提案する

あなたに別れ話をするにあたっては、彼女は気持ちの整理をしたに違いありません。

ですから、あなたが「別れたくない」と主張しても、彼女を翻意させることは困難だと考えるべきでしょう。

そこでオススメしたいのが、猶予期間をもらえないか頼んでみるという方法です。

彼女の気持ちを尊重しながら、最終決定するまで、もう少し時間をもらえないか打診してみるのです。

冷却期間を置くことを提案すること、これが彼女と別れたくない時の一つの対処法です。

4.「NO」と言われたら友人としての関係を持つ可能性を残す

もし、冷却期間を置くことを提案して、彼女から「NO」という答えが返ってきたら、

それ以上しつこくしない方がいいでしょう。

それだけ彼女の気持ちは固まっているわけですから、

あなたがしつこくすればするほど、ますます嫌われてしまうことになりかねません。

ですから、「NO」と言われたら、それを受け入れて、素直に引き下がりましょう。

その際に考えるべきなのが、できるだけ復縁できる可能性を残しておくことです。

「わかった」と了解した上で、「できれば友だちとしてでも関係を持ちたいと思うから、

何かあったらいつでも遠慮なく連絡して。

力になれることもあるかもしれないし」というように告げるのです。

友だちとしての関係を持つことによって、将来復縁する可能性を残すという方法です。

5.最後に感謝の気持ちを伝える

できるだけ後味を良くするためにオススメしたい方法があります。

それは、最後に彼女に対する感謝の気持ちを伝えるということ。

楽しい時間をたくさん過ごせたこと、自分に良くしてくれたことなど、

これまでの感謝を彼女にストレートに伝えましょう。

人間には情にほだされるということがありますから、

あなたからそんなふうに感謝されると、彼女は心を動かされるかもしれません。

彼女が「結論を出すのはもうちょっと後にしてもいいかな」という気持ちになる可能性もあります。

誠意を込めて、彼女に感謝しましょう。

いかがでしたか。

彼女と別れたくない時の対処法を5つお話ししてきました。

冷静になること、率直に気持ちを伝えること、冷却期間の提案をすること、

将来への可能性を残すこと、そして彼女の情に訴えること。

これが、別れを回避する可能性を見い出すための方法です。

彼女と別れたくない時の対処法5個の関連記事