彼女の料理が不味かった時の対処法5個

彼女の料理が不味かった時の対処法5個

つきあっている彼女から手料理をふるまってもらうのはうれしいものです。

その料理がおいしければ最高でしょう。

しかし、彼女が料理下手の場合、そうでないこともあります。

もし、彼女の作った料理がまずかったらどうすればいいのか。

オススメの対処法を紹介しましょう。

1.アドバイスの形でマイナスポイントを伝える

「彼氏に手料理をふるまった場合、彼氏には手料理の感想を、

正直に話してほしい」と思っている女性が多いというアンケート結果があります。

つまり、女性の多くは「まずいと感じた時は正直にまずいと言ってほしい」と思っているわけです。

しかし、ストレートに「まずい」とか「おいしくない」という言い方をすれば、

彼女の心を傷つけてしまうことはまちがいないでしょう。

ですから、「おいしくない」ということを、できるだけソフトに、ちがう言い方で伝える必要があります。

オススメなのは、「ここをもう少しこうしたほうが、

もっとおいしくなると思うよ」というように、アドバイスの形で伝えること。

例えば、ハンバーグのソースが甘すぎると感じたら、

「ソースは甘さを少し押さえて、ビターな感じにすると、もっと大人っぽい味になるんじゃないかな」と言うのです。

こうすれば、彼女も「アドバイスありがとう」という気持ちになり、次回は改善されるに違いありません。

2.良いところを見つけてほめる

出された料理がすべてまずい場合は別ですが、「これはまずいけれど、

こっちの料理はまあまあ」ということもあるでしょう。

その場合は、まずい料理のことには触れず、

「まあまあ」の料理を「いけるね」というような言葉でほめてあげましょう。

彼女は、まずい料理についての感想も求めてくるかもしれません。

その場合は、「(まあまあと感じた)こっちの料理に比べると、

ちょっとグレードが落ちる」という趣旨のことを伝えればいいのです。

「こっちは、イマイチな気がする」というように伝えれば、角が立たないでしょう。

もし、出されたものすべてがまずい場合は、「盛りつけがかわいい」とか

「この器、センスあるね。料理と合ってる」というように、料理以外のところに着目して褒めるという手があります。

「栄養のバランスをよく考えてるね」という褒め方もオススメです。

3.いっしょに料理を作ることを提案する

まずい手料理をふるまわれることがたびたび繰り返されるようになっては困るでしょう。

それを避けるためにオススメしたいのが、いっしょに料理を作ることを提案するという方法です。

あなたが普段料理をしない場合でも、いっしょに作ってみましょう。

二人でレシピを見ながら、料理に挑戦します。

料理を作る時には、必ず味見をしますから、その時点で、あなたの舌に合うように味を調節することができます。

彼女に任せてまずい料理を出されるよりは、そうしたほうが安全でしょう。

それを続けていくうちに、彼女は料理の腕を上げるかもしれません。

彼女に任せてもおいしい料理が出てくるようになる可能性もあります。

4.「がんばったね」とほめ、お礼を言う

出来栄えはよくなかったかもしれませんが、彼女があなたのために料理を作ってくれたことに間違いはありません。

ですから、そのことには素直に感謝するようにしましょう。

「よくこんな料理が作れたね。

よくがんばったね」とほめた上で、「ありがとう」とお礼を言うのです。

こうすることで、二人の関係はさらによくなるにちがいありません。

5.全部食べる努力をする

あまりにひどい味付けで、とても喉を通らないというようなケースは別ですが、

そうでないのなら、料理を全部食べる努力はしましょう。

どんな感想を言うにしても、料理を残してしまうのは、彼女の心を最も傷つける行為と言っていいでしょう。

できるだけ全部食べるようにして、

その上で、場合によっては正直な感想を伝えるようにする方が、彼女は傷つきにくいはずです。

彼女の手料理がまずかった場合の対処法を5種類紹介してきました。

要はできるだけ彼女を傷つけないようにし、なおかつ、彼女の料理の腕をどう向上させるかということです。

参考になさってください。

彼女の料理が不味かった時の対処法5個の関連記事