彼女とLINEをする時に気をつけたいこと4個

彼女とLINEをする時に気をつけたいこと4個

LINEは、恋人同士のコミュニケーションに欠かせないツールです。

大半のカップルは、LINEを使って、お互いの愛や絆を確かめ合っています。

しかし、配慮のないLINEをすると、彼女に嫌われてしまうこともあります。

そこで、彼女とLINEをする時に気をつけたいことについてご紹介します。

1.平日は、あまり夜遅い時間にLINEをしない

社会人の場合、彼女にLINEをするのは、仕事が終わった夜の時間帯であることが多いでしょう。

しかし、あまりにも夜遅い時間にLINEをするのは考えものです。

夜は、やっと仕事が終わって疲れている時間帯です。

特に平日は、翌日も仕事があるため、

大抵の人は「夜は仕事の疲れを癒し、翌日に備えて早めに寝たい」と考えます。

しかし、夜遅い時間に彼氏からLINEが来てしまえば、

どんなに疲れていても、対応せざるを得なくなります。

これが頻繁に続くと、彼女の中で負担が大きくなり、

次第に彼氏の存在をストレスに感じてしまうようになります。

彼女にLINEをする時は、時間帯に配慮する必要があります。

特に平日は、あまりにも遅い時間帯は避けるようにしたいものです。

2.返答に困る内容のLINEは避ける

彼女のことが好き過ぎるあまり、少しでも彼女と繋がっていたくて、

意味のない文章を送ってしまう人が多いようですが、これは彼女にとっては迷惑です。

特に、「今ここにいる」「今食事をしている」などというような、

彼女が返答に困るようなLINEを一方的に送る行為は、彼女のストレスになります。

彼女についつい意味のない内容のLINEを送ってしまう男性は

、彼女との繋がりを少しでも持ちたいという純粋な思いがあります。

しかし、何通も意味のないLINEを送られた彼女の心は、

「LINEをいちいちチェックしなくてはならない」

「意味のない内容でも、時々は返信しなくてはならない」というプレッシャーが蓄積していきます。

彼女の中でこのストレスが限界に達すると、別れ話に繋がってしまう結果になることも少なくありません。

3.しつこく返信を求めない

「彼女にLINEを送っても返信が来ない」というシチュエーションはよくあることです。

このような時、彼女からの返信が欲しいあまりに、

しつこく何通もLINEを送ってしまうようなことは避けたほうが良いでしょう。

ましてや、「なぜ返信しないのか」と彼女を責めるような内容のLINEを送ってしまったり、

彼女に電話までかけてしまったりするようなことはやめましょう。

たとえ大好きな彼氏であっても、しつこくされればストレスになってしまうのが人間です。

たとえ彼女から返信がなかったとしても、もしかしたら、今どうしても返信できない事情があるのかもしれません。

そこをきちんと理解し、「彼女に余裕ができた時に返信がもらえればそれで良い」くらいに、

どっしりと構える余裕を持ちたいものです。

4.ネガティブな内容のLINEばかりを送ることは控える

何かつらいことがあった時、彼女に優しく励ましてもらいたいと考えるのは当然のことです。

しかし、彼女に依存し過ぎるあまり、

連日ネガティブな内容にLINEを何通も送ってしまう男性も少なくません。

「彼女に包み込んでもらいたい」という必死の思いがあったとしても、これは考えものです。

どんな人でも、他人のネガティブな話を次から次へと聞かされれば、自分まで気分が悪くなってしまいます。

ましてや、連日でこのようなことをされてしまうと、相手のストレスはどんどん大きくなるばかりです。

たとえ大好きな彼氏からであっても、あまりにもネガティブな話ばかり聞かされれば、

彼女の心はストレスで限界になってしまうでしょう。

時々弱音を吐くLINEを送る分には問題ありませんが、

「LINEの内容がネガティブなものばかり」という状態にならないように配慮することが大切です。

いかがでしたか。

彼女にLINEをする時、時間帯や彼女の事情には十分配慮する必要があります。

あまりにも遅い時間帯にLINEをしたり、返信を強要するようなことをしたりすると、

彼女が次第にストレスを感じるようになります。

そして、最終的には、彼氏の存在を重荷に感じてしまうようになります。

LINEの文章にもある程度の配慮は必要です。

大人である以上、彼女の心に負担をかけ過ぎないように、

「どんなにつらくても、ネガティブな内容のLINEを何通も送ることは避ける」

「暗い雰囲気のLINEを連日で送らないようにする」といったような気遣いをしなくてはなりません。

彼女とLINEをする時に気をつけたいこと4個の関連記事