彼女が可愛くないと思ってしまう理由3個

彼女が可愛くないと思ってしまう理由3個

自分の彼女は可愛い人だと思って付き合ったものの、

付き合っているうちにあまり可愛くないなと思ってしまうこともあります。

今回は彼女が可愛くないと思ってしまう理由をご紹介します。

1.昔と比べて素直さがなくなってしまった

付き合い始めの頃は彼女の事が可愛くて、

何もしなくてもそばにいてくれるだけでいいなんて思っていたのに、

今となっては何に対しても反発してくる彼女の事を可愛いと思えない、なんて人は多いでしょう。

誰だって、最初はよそよそしい関係であり自分の裏の顔をさらけ出すような事はしませんよね。

「借りてきた猫」と言う言葉があるように、

自分を可愛く見せるために「可愛い彼女」を演出しているような女性も沢山います。

彼氏の言う事になんでも「はい」と答えて素直に応じる彼女は、

彼氏から見るととてもかわいらしく、いじらしく見えるものですが、

長く付き合っていくにつれて当然彼女の方も自己主張が強くなり色々な意見を口にするようになってきます。

そうなると、途端に可愛くないと思ってしまい、

「昔はこんなんじゃなかったのにな」なんて付き合い始めを懐かしんでしまいます。

彼しにとって可愛くないだけで、本当はとてもかわいらしい女性であるかもしれないのに、

素の自分を見せただけで「可愛くない」と思われてしまうのは女性の立場からしたら心外ですね。

2.周りにいる女性の方が可愛く見えてしまう

とっても可愛くて女の子らしい彼女だと思って付き合っていたのに、

実は他の女性を色々知ってしまうとそうでもなかったんだという事実に気がつく瞬間があります。

例えば職場の同僚にちょっとドジっ子で童顔な女性がいたとします。

仕事中はあまり意識しませんが、よく見るととても真面目に仕事をしているし、

プライベートで話をしてもすごく楽しそうに会話してくれます。

そういった女性をいつも身近で見ていると、その女性が自分の中での「彼女以外の女性の基準」になってしまって、

いざ自分の彼女と会っている時もその同僚女性と比べてみてしまう事になります。

自分の彼女は可愛い人だと思っていたけれど、実は他にも可愛い女性は沢山いるんだ、

という事に気がつくと、とたんに彼女の事を可愛くないと思ってしまいます。

恋愛経験豊富な男性であれば女性には色々な面があって、

良いところも悪いところも全部ひっくるめて「可愛い」と思える人を彼女に選びますが、

恋愛経験の少ない男性の場合、外見や表面だけを見て可愛い女性を彼女に選んでしまう事があります。

あるいは出会いの少ない男性だった場合、

たまたま告白して来てくれたからという理由だけで付き合いをはじめる事だってあります。

そのような関係のカップルであれば、なおさら彼女に対して、

「あの事比べて可愛くないな」などという感情が沸きやすくなってしまいます。

3.新鮮な驚きや感動がなくなってしまった

誰だって初めての出来事や出会いというのは感動したり驚いたりするものですよね。

例えば初めてのデートで、彼女と一緒にとても景色が素敵な場所をドライブしたとします。

その美しい景色を見て「わあ、素敵。

こんな景色を一緒に見られるなんて嬉しい」と彼女が喜んでくれたら思わず「可愛いな」と思ってしまいますよね。

とても嬉しい気持ちになって、彼女をドライブに連れてきて良かったと思うでしょう。

けれども、最初に喜んでくれたからといって2度3度同じ場所を目指して、

ドライブデートを重ねていたら、最初ほどの感動は薄れて行ってしまうのが当然というものですよね。

一緒に付き合っていく中で、あれもこれも体験してしまった、

こんな事も前にあった、なんていう事が増えていくと新鮮な驚きや感動といった事からは遠ざかってしまいます。

自分としては彼女にもっと新鮮なリアクションをとってほしいと思っているのに、

彼女からしてみればマンネリでしかないものに対して新鮮なリアクションを求める方が無理です。

それでも楽しそうに、嬉しそうにして欲しいと思うのが男心というもの。

そういったりアクションを彼女にとってもらえなくなると、ついつい「可愛くないな」と思ってしまいます。

可愛くさせるのは彼氏次第

彼女の事を可愛いと思えないのには、彼氏にも原因の一端があります。

他の女性と比べたり、彼女の良い面を引き出せなかったり。

もちろん彼女にだって「可愛らしさ」を保つ努力は必要ですが、

そうしたいと思わせるように彼氏も努力する事で、

彼女の可愛らしさはどんどん引き出されるというものですよ。

彼女が可愛くないと思ってしまう理由3個の関連記事