彼女と同棲するために準備すること4個

彼女と同棲するために準備すること4個

つきあっている彼女といっしょに暮らそうと考えた場合、

同棲を開始するためにはいくつか必要な準備があります。

ここでは、初めての同棲を考えている男性にのために、どんな準備が必要なのかご紹介します。

1.彼女の両親に挨拶し同棲を了解してもらう

「いきなりハードルが高い項目が出てきた」と感じた方もいるかもしれません。

「結婚するわけではないのだから、その必要はないのでは?」と思った方もいるでしょう。

しかし、二人の同棲生活をスムーズに続けていくためには、

彼女の両親にあなたと同棲することを知ってもらう必要があります。

例えば、彼女が現在実家ぐらしをしている場合、両親に内緒で同棲を始めれば、

一人暮らしをしている娘を心配して、部屋に親が訪ねてくるということもあるでしょう。

彼女が現在一人暮らしの場合でも、住所が変わるなどすれば、やはり親が様子を見に来る可能性は小さくありません。

「ないしょにしていた親に同棲がバレて、それが原因で別れることになってしまった」というケースもあります。

安心して同棲生活を続けるために、そんなことにならないよう、事前に彼女の両親に了解してもらうようにしましょう。

実際に、同棲カップルの多くは、お互いの親に挨拶しています。

2.同棲開始にかかる経費を計算する

同棲生活を始めるためには、住む部屋を決めたり、

必要な家具や家電をそろえたり、引越ししたりする必要が出てきます。

例えば、あなたが現在分譲マンションに住んでいて、

そこに彼女を招き入れるというなら、住む場所に関してはお金はかかりません。

しかし、賃貸物件を借りてそこで同棲生活を始める場合は、賃貸契約にお金がかかります。

ですから、まず、同棲を始めるためにはどれくらいのお金が必要なのか計算しましょう。

そして、その経費はどこからどう出すか決めておく必要があります。

じゅうぶんな預貯金がある場合でも、

およそどれくらいの経費がかかるのかは計算しておくことをオススメします。

3.住む部屋を決める

そのように大まかな計算をした時点で、「住む部屋の家賃はこれくらい」という見積もりはできるているはずです。

ですから、計算が出来たら、実際に二人で物件選びをしましょう。

これはなかなか楽しい作業なはずです。

ポイントは、二人で同居することをきちんと不動産屋へ伝えること。

「一人で住む」ということにして契約し、あとから同居がバレると契約違反ということにもなりかねません。

これも、安心して同棲を続けていく上で、押さえておきたいポイントです。

また、むりなく同棲を続けていくためには、家賃はできるだけ抑えておいた方がいいでしょう。

同棲を長く続けるうちに、よりグレードの高い物件に引越すことも十分に可能なのですから、

最初から無理してグレードを高くするのは賢明なやり方ではありません。

4.お金のルールと生活のルールを二人で決める

実際に同棲生活をスタートさせると、どうしても考えなければならないことがあります。

それは「生活費はどうするのか」と、「家事分担はどうするのか」ということです。

この2点をあいまいにしたまま、同棲を始めてしまうと、早い段階で破たんしてしまうことも少なくありません。

ですから、彼女と二人で事前にしっかり話し合い、ルールを決めておきましょう。

家賃、水道光熱費、食費、通信費など、毎月どれくらいの生活費が必要なのかを計算し、

どちらがとれくらい出すのか話し合うのです。

また、毎日の家事はどう分担するのかも事前に決めておけば、

家事をめぐって二人の間に衝突が起こるということを避けられるでしょう。

ささいなことのようですが、毎日のことですから、

同棲カップルにとっての家事分担は、意外に大きなテーマです。

初めての同棲を考えた場合、どんな準備をすればいいのか、主なものを4点紹介しました。

始めるからには長続きさせたいですし、できるだけ楽しい同棲生活にしたいでしょう。

参考になさってください。

彼女と同棲するために準備すること4個の関連記事