彼女に電話する時に気をつけたいこと4個

彼女に電話する時に気をつけたいこと4個

大好きな彼女と電話で話をしているひとときは、どんな人にとっても幸せな時間です。

しかし、お互いに大人である以上は、最低限の電話のマナーを心得ておかないと、

彼女に嫌われてしまう結果になりかねません。

そこで、彼女に電話する時に気をつけたいことをご紹介します。

1.彼女が仕事をしている時間帯は避ける

彼女に電話する時、気をつけたいことの1つは「電話をかける時間帯」です。

電話をかけるべきではない時間帯に電話してしまうと、彼女を苛立たせてしまい、

関係がぎくしゃくしてしまうことに繋がるので注意したいものです。

電話を特に控えるべき時間帯は、仕事中の時間帯です。

仕事中は、どんな人も忙しく過ごしており、心に余裕がありません。

そのような時間帯に彼女に電話をかけてしまうと、仕事を中断しなくてはならなくなります。

その分、後で余計に忙しくなって、彼女に大変な思いをさせてしまうことになりかねません。

そのため、彼女が職場からまだ退社していない時間帯は、電話を避けた方が良いでしょう。

2.夜遅い時間に電話する時は、用件だけを手短に済ませる

社会人が平日に落ち着いて彼女に電話できる時間帯は、夜の時間帯がほとんどです。

そのため、多くのカップルが、夜に電話をするというケースが多くなります。

しかし、夜の時間帯に電話をかける時は、あまり長話をしないように配慮する必要があります。

そのため、夜彼女に電話する時は、用件だけを手短に済ませるべきでしょう。

夜の時間帯は、皆、1日の仕事が終わって疲れています。

平日の場合は、翌朝また早く起きて仕事に行かなくてはなりません。

そのため、「夜は早く寝たい」というのが本音です。

そんな時に、彼氏から電話が来て、更に長々とした会話に付き合わされてしまったら、彼女は疲れてしまいます。

彼女の疲れや体調も考慮し、夜電話をする時は、できるだけ長話は控えましょう。

3.自分の話ばかりを一方的にしないようにする

彼女に電話する時、「あれもこれも彼女に聞いてほしい」という気持ちばかりが先立ち、

ついつい自分の話ばかりしてしまう男性も少なくません。

しかし、これは彼女のストレスに繋がるため、一方的に自分の話ばかりをしないように気をつけたいものです。

長い時間黙って人の話を聞かなければならないという行為は、どんな人にとってもストレスになります。

「自分も話したいことがあるのに、相手の話ばかりを聞かなければならない」という状態が続くと、

そのストレスは更に大きくなります。

特に、聞き役に回ってくれる彼女についつい甘えてしまう傾向があったり、

「自分はどちらかと言うと話好きだ」という自覚があったりする場合は、

一方的に自分の話ばかりを彼女に聞かせることのないように意識して電話するようにしましょう。

4.愚痴や人の悪口などを長々と話すことは控える

日々の生活の中で嫌なことがあると、「それを彼女に打ち明けてスッキリしたい」と考えてしまうものです。

それが時々であれば問題ありませんが、

電話するたびにネガティブな話ばかりを聞かされていては、彼女もストレスになってしまいます。

そのため、愚痴や人の悪口などのネガティブな話題は、

長々と話し続けることのないように配慮したいものです。

どんなに愛し合っている関係でも、ネガティブな内容の電話ばかりが続くと、

それに対するストレスが原因で、彼女側の愛情がどんどん冷めていってしまいます。

そして最終的には、ネガティブな話ばかり繰り返す彼氏に対する嫌悪感に変わってしまうという場合もあります。

そのため、ネガティブな話題は可能な限り手短に済ませ、

できるだけ楽しい話をするように努めることをオススメします。

彼女に電話する時は、電話での会話が彼女のストレスにならないように、

話す内容や電話する時間帯などを最低限配慮することが必要です。

彼女にも彼女の事情や日常生活のリズムがあるので、

配慮のない電話でそれを乱してしまうと、大きなストレスになってしまうからです。

彼女の中でこのストレスが積み重なると、次第に彼氏に対する愛情が冷めていってしまいます。

その結果、せっかくの関係が崩れてしまうことに繋がるケースも決して少なくありません。

お互いに社会人である以上は最低限のマナーをわきまえ、

相手の気分を害さない電話で、楽しい時間を過ごすようにしたいものです。

彼女に電話する時に気をつけたいこと4個の関連記事