藤原竜也が好き!かっこいいと好かれる理由4個

藤原竜也が好き!かっこいいと好かれる理由4個

蜷川幸雄さん演出の舞台オーデションで、

見事グランプリを獲得してデビューを果たした藤原竜也さんは老若男女幅広いファンから支持されています。

最近のテレビ番組では、主演作「カイジ」での彼の演技のものまねをする人も増えてきました。

そんな彼の人気はどこからきているのでしょうか。

1.インパクトのある演技

蜷川幸雄さん演出の舞台でデビューを果たした藤原竜也さん。

蜷川幸雄さんの厳しい演出はとても有名で、15歳でその厳しい指導を受けた藤原竜也の演技は真に迫るものがあります。

その演技の才能は蜷川幸雄さんも認める逸材でした。

その後は数々の映画や舞台の主役も務め、21歳で演じたハムレットで多くの賞を総なめしました。

映画「カイジ人生逆転ゲーム」の迫真の演技は圧巻です。

舞台出身ならではの個性あふれた演技でダメな男を演じ切りました。

共演する香川照之さんも相当個性的な俳優さんですが、負けずとも劣らない個性あふれる演技です。

2.ものまね番組でも定番

最近は多くの人がものまねをする藤原竜也さんの演技はそれだけインパクトがあるということです。

「カイジ人生逆転ゲーム」の名台詞「ありがてー。

キンキンに冷えてやがる。

うめーっ悪魔的だうますぎる」は今やものまね番組の定番です。

これは地下労働を強いられている藤原竜也さん演じるカイジが、初めて労働後にビールを飲んだ時の名言です。

ふつうは聞き流してしまうセリフのようですが、藤原竜也さんの演技と合わされば映画を見た人すべてが魅了されてしまいます。

まだ鑑賞していない方は、是非見てください。

3.恩師を感謝する人間性

蜷川幸雄の葬儀の席では最後の弔辞を務めた藤原竜也さん。

恩師の死の悲しみと感謝の気持ちを飾ることなく、彼の言葉で話していました。

彼の弔辞は藤原竜也さんの真っすぐな人間性をそのまま表していました。

生前の蜷川幸雄さんの指導はとても厳しいものでダメだしばかりだったようですが、

「まじめで、集中力に長けていて、努力家」と藤原竜也さんのことを語っていたようです。

恩師も認める素晴らしい人間性の持ち主です。

4.演技の幅の広さ

彼の主演する舞台や映画は数えきれないほどです。

また、彼が出演する映画は必ずヒットすると言っても過言ではありません。

有名なところでは「デスノート」。

藤原竜也さんの演じるキラ(夜神ライト)のデスノートを手にした一人の学生が犯罪者へと変わっていく変化を見事に演じています。

また先にも説明した通り「カイジ人生逆転ゲーム」では、

デスノートのキラとは真逆の人生負け組の借金を背負うダメなヤツ「カイジ」を演じます。

しかしそんなダメ男でも藤原竜也さんが演じるとどこか魅力的に見えてしまうのは彼の演技のなせるわざです。

この作品はのちに「カイジ2人生奪回ゲーム」の続編も上映された人気作品になりました。

ほかにもテレビドラマ「ST警視庁科学特捜班」の単発ドラマはのちに「ST赤と白の捜査ファイル」としてシリーズ化され、

映画化まではたしています。

この作品で藤原竜也さんは赤城左門(あかぎさもん)という対人恐怖症の化学特捜官という難しい役をコミカルに演じます。

演技だけでなく、彼の声もとても魅力的です。

彼の低い少しガラガラとした声が好きという女性ファンも多くいます。

その声は声優でも活躍していて、洋画「スチュアート・リトル」のスチュアートの声は彼が吹き替えをしました。

1982年生まれの今年35歳の藤原竜也さんですが、とても35歳には見えない童顔です。

しかし役は多種多様で、どんな役もこなし舞台、映画のみならず、

テレビドラマ、ドキュメンタリー、ラジオ、声優など多くの分野で活躍しています。

藤原竜也が好き!かっこいいと好かれる理由4個の関連記事