中途採用者の特徴4個

中途採用者の特徴4個

仕事を探す時に大事な点に、自分が新卒採用者と中途採用者のどちらに当てはまるのかということがあります。

新卒採用者は学校卒業した翌月の4月に一斉に入社することになります。

新卒採用者は社会人一年生なので、入社してすぐに仕事ができるわけではないことを、

会社側も理解して雇用していることが多いです。

一方の中途採用者は、一年間を通じて不定期に採用があり、

入社と同時に仕事を任され期待されることが多いでしょう。

では、中途採用者にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.基礎的な知識がある

中途採用者は、仕事の経験がすでにある為にに、基礎的な知識をすでに持っていることが多いです。

新入社員の場合、電話応対の仕方、メモの取り方、接客の仕方、書類の作り方など何も知らないことがほとんどです。

その為、新卒採用者には、基本的なことから仕事のノウハウを教育して育てていく必要があります。

仕事をできるようになるまでにかなりの時間と労力を必要とします。

しかし、中途採用者には仕事をしていた経験により、ある程度の仕事をする上での基礎的な知識があります。

中途採用者には、新卒採用者より早い段階で仕事を任せることができるでしょう。

2.根性がある

中途採用者は別の職場で働いた経験があるので、

どんな仕事も大変だということを十分理解している為に根性がある人が多いです。

他の職場で働いたことのある経験があるので、「次こそは心機一転頑張るぞ」

「もう辞めるわけにはいかない」という意識が高く、会社で辛いことがあっても乗り越えようと努力します。

一方の新卒採用者は、会社で働くことが初めてなので、

少し職場で大変なことがあると転職した方がいいのではないかと安易に考える傾向にあります。

3.即戦力がある

中途採用者のメリットは、会社にとって即戦力を得ることができる点です。

今までの職場で経験してきた仕事や、広げてきた取引先との関係を新しい職場で活かすことができます。

事務員の場合には、これまで培ってきた事務の知識や経験を新しい職場に生かすことが可能です。

営業職の場合ならば、これまでの人脈を利用することができますし、営業の仕方も心得ているはずでしょう。

中途採用者がいることは、前の会社の知識を持ってきてくれるということなので、

新しい職場にとっても別の会社の知識を得ることができ新しい刺激となってくれます。

4.自分のやり方に固執する

中途採用者のデメリットとしては、以前に勤めていた会社の社風や仕事のやり方に染まっている為に、

なかなか新しい職場の社風に慣れようとしないことがあります。

アットホームな職場や営業成績を重要視する職場など会社にはそれぞれ違った社風があります。

中途採用者は、それまでの社風に慣れているために、新しい会社の社風に違和感を感じるかもしれません。

新卒採用者の場合には、入社後に社員研修がありますし、初めての職場で会社とはこんなものだと思いやすいでしょう。

中途採用者は、これまで自分や働いてきたやり方に固執することもあります。

自分の過去の成功や経験を新しい職場に押し付けようとすると、職場で孤立した存在になるかもしれません。

中途採用者は、社会の中で働く上での基礎的な知識があり、

働いた経験があるので根性があり、すぐに仕事を任せられる即戦力があります。

これまでに培ってきた仕事の経験や成功、人脈を生かして新しい職場でも活躍が期待されるでしょう。

また、以前の職場のやり方やノウハウなどの知識を、新しい職場は得ることができ刺激となるでしょう。

ただ、過去の成功や経験、知識を新しい職場で強引に押し付けようとすると、

職場の仲間が困惑することになりかねないので注意しましょう。

中途採用者の特徴4個の関連記事