知識不足な人の恥ずかしい特徴3個

知識不足な人の恥ずかしい特徴3個

知識不足なことで恥ずかしい思いをすることもあります。

一般的に知っていて当然のような事も良くわかっていない、

そんな知識不足な人の特徴についてご紹介します。

1.1対1の会話があまり得意でない

大勢の中の1人として発言をするのではなく、1対1で誰かと会話をしなければいけない状況になった時、

知識不足な人というのは会話のきっかけを探すことが出来ず、

相手の話にどんな事を返せば良いのか言葉に詰まる事がよくあります。

簡単な例を挙げれば、相手が四文字熟語で何かの例えを出した時に、

その四文字熟語がどんな意味をなすのかが分からないので、会話がそこで終わってしまいます。

1つの物事の意味が分からないまま会話を続けていく事で会話の流れはちぐはぐなものになってしまいます。

相手側としても「この人は私の言っていることをちゃんと理解しているのだろうか」と不安になってしまいますし、

自分が知識不足だという認識がある人は「これ以上変に話を振ってもっとわからない話を続けられても困るな」と感じてしまうので、

一緒に会話をしていてもお互いに楽しい時間を過ごす事は難しいと言えるでしょう。

2.いつでも聞き役に徹してしまう

知識が豊富にある人は自分の経験や考えを踏まえた上で、

興味深い話をする事が出来ますが知識不足な人というのは、

何かについて話をしようと思ってもそのことに対して深く知らないので話せることが限られてしまいます。

その為、いつでも聞き役に徹してしまい、

自分から会話を膨らませたり新しい情報を発する事が少なくなります。

聞き役に徹していれば墓穴を掘って知識不足をさらけ出す事もありませんし、

人の話を聞きながら「うん、そうだね」と頷いているだけでも相手の方は、

「ちゃんと聞いてくれている」と満足するものだからです。

知識不足な人は知識そのものが不足しているというだけでなく、

間違った知識を植えつけられていることも多いでしょう。

物事をきちんと知ろうとしない、調べようといしない性格な事が多く、

人から又聞きした情報を正確な情報としてインプットしていることが多いからです。

3.映画やドラマなどの内容を表面しか楽しめない

歴史ものの映画やドラマなど、実在の人物を扱った物語をフィクションで再現している事ってよくありますよね。

そのような物語の場合、名前はもちろん時代背景や設定など、

細部にわたって忠実に再現されている事が多いですが、

そうでない場合でも物語の大元の事実に基づいて脚色されている事がほとんどです。

歴史について詳しく知っていて知識も豊富な人というのは、

そのような忠実な再現描写に感心する事でしょう。

そして「よくここまで忠実に再現できたな」「こんな細かいところまで気にして作っているんだな」

「この時代背景をきちんと調べて矛盾がないように作ってあるな」などというように、

1シーンを見るだけでも感じる事が多くあり、考える事も多いでしょう。

一方で、俳優が着ている衣装や身につけている装飾品が明らかに時代背景に合っていないものだったとしても、

知識の無い人はそういった事にすら気付く事がありません。

映画館で同じ鑑賞代金を払っても、知識の無い人と知識のある人とでは、

1つの映画から得られる情報量に大きな差が出来てしまい、

知識の無い人にとってはせっかく高い料金を払っても、

表面上だけで満足してしまっているといった残念な結果になるでしょう。

自分の興味のあることにしか感心を示さない

好奇心旺盛で何に対しても興味を持てる人というのはその分だけ知識は増えていくでしょう。

しかしながら自分の興味のあることにしか関心を示さない人というのは、偏った特定の知識しか得ることが出来ません。

そこで掘り下げてプロフェッショナルになれるのならすごい事ですが、

幅広い知識を満遍なく修得している方が、人とのコミュニケーションを潤滑にするには効果的と言えるでしょう。

知識不足な人の恥ずかしい特徴3個の関連記事