刺々しい人の人を傷つける特徴4個

刺々しい人の人を傷つける特徴4個

何かというと人に突っかかるような行動・言動を繰り返す刺々しい人は、

その場に1人いるだけでも、人の和を乱します。

そんな刺々しい人の具体的な特徴についてご紹介します。

1.他人の粗探しが好き

刺々しい人は、人を褒めるということが嫌いです。

他の人が誰かを褒めた時も、一緒になってその人を褒めるということを絶対にしません。

それどころか、「何か欠点はないだろうか」と必死になって粗探しをします。

そして、欠点が見つかった時は、喜々としてその人の批判を始めます。

刺々しい人は、自分より優れた人のことを謙虚に認めることができません。

自分より上の存在を許せないのです。

そのため、素直に人を褒めることができず、欠点ばかりを探し続けて、悪口や陰口、批判ばかり口にします。

これを無意識的に常日頃から行っているため、他の人は気分を害し、

「この人とはもう話をしたくない」とどんどん人が離れていくようになります。

2.ケンカになると、相手をとことん言い負かそうとする

刺々しい人は、ケンカになると、相手を容赦なく攻撃するのが特徴です。

たとえ相手が謝ってきたとしても、攻撃の手を緩めることなく、とことん言い負かそうとします。

彼らは、自分に刃向かってくる存在を絶対に許すことができません。

彼らは、一旦怒り出すと、その怒りを全て吐き出さなくては気が済まないという傾向があるため、

程々のところで妥協するということができません。

その結果、「絶対に言ってはいけない一言」を口にしてしまうことがあり、

取り返しのつかないトラブルに発展することもよくあります。

しかし、そのような事態になっても、彼らは自分を抑制することができません。

3.心から笑った笑顔を見せない

刺々しい人は、他人に心を許すということがあまりありません。

そのため、他人を「友達」「仲間」と思うことができず、常に「敵」だと思い込んでいます。

なので、自分から心を開いて親しくなろうという気持ちがありません。

そのような内面が態度に出てしまっており、心からにっこりと笑うことがありません。

そのため、いつも不愛想です。

たまに笑うこともありますが、引きつったような笑顔だったり、明らかな作り笑いだったりします。

そのため、彼らと接している人も警戒して心を開かなくなり、いつまで経っても親しくなることができません。

刺々しい人は、自分を守るのに精一杯で余裕がないため、他人に心を開くことも、

何かに対して素直に喜ぶということも苦手です。

4.常に自分が1番でないと気が済まない

刺々しい人は、「どんなことであっても、他人に負けるなど許せない」という信念で生きています。

そのため、非常に負けず嫌いであり、常に自分が1番でないと納得できません。

そのため、他人に対して常に闘争的であり、「誰かを蹴落とそう」という思いがいつも頭の中から消えないのです。

そのため、いつも緊張感に包まれた生活をしていて、心のゆとりが全くありません。

そのような内面が態度に出てしまうからこそ、行動や言動に棘があります。

しかしこれは、彼らが「自分で自分を認めることができない」という自信のなさの裏返しでもあります。

自分に自信がないからこそ、常に他人と自分を比較し、無意識的に競い合ってしまいます。

これは、本人も気づいていないというケースがほとんどです。

いかがでしたか。

刺々しい人は、言動や行動だけを見ていると、トラブルメーカー以外の何ものでもありません。

しかし、その裏には、自分で自分を認めることができず、本当の自信を持てないという内面が隠されています。

本人が自分としっかり向き合わない限り、刺々しい性格が直ることはありません。

ただ、そのことを他人が指摘すると激怒する可能性があるので、

刺々しい人とは適度に距離を取って付き合うことが賢明であると言えるでしょう。

刺々しい人の人を傷つける特徴4個の関連記事