醤油顔女子のかわいい特徴5個

醤油顔女子のかわいい特徴5個

人の顔は大きくソース顔、醤油顔、塩顔に分けられます。

醤油顔よりソース顔がモテると思っている人は多いですが実は醤油顔こそモテる顔です。

今回はそんな醤油顔女子の特徴をご紹介します。

1.小顔で色白であること

顔が小さくて色が白いのが醤油顔女子の特徴です。

顔の形は丸顔や卵型が多いです。

顔が小さいので、すっきりした印象がもたれますし、色白なので守ってあげたくなるようなイメージがあります。

色が黒いと肌の色の印象が強すぎるので醤油顔とは言えません。

顔が大きいのも同様に顔の輪郭の印象が残ってしまうので醤油顔ではありません。

醤油顔女子とは、主張しすぎない顔の大きさと肌の色である必要があります。

顔が小さい分、各パーツが大きすぎない方がバランス的にもちょうどよくて、キレイにまとまります。

2.濃いと薄いの中間でちょうどいいこと

顔が薄い人が全員醤油顔ではありません。

薄すぎるとそれは塩顔ですし、濃すぎるとソース顔です。

顔の各パーツが大きすぎず小さすぎずちょうどよく端正な顔立ちをしているのが醤油顔の特徴です。

そのため、顔のバランスがとてもよいのでそれが醤油顔女子のかわいさにつながっています。

顔が薄いと濃くなりたいと思いがちですが、いい意味で普通の平凡な顔が醤油顔女子の魅力なので、

濃くしようとしない方がかわいいです。

3.奥二重・一重であること

目が大きくてぱっちりしているのはソース顔です。

目の印象が強いよりも、素朴な目の方が親近感を感じて優しい雰囲気の女性に見えて男性はかわいいと感じます。

線がちょうどいいくらいの細さで、涼しげな雰囲気を持っています。

細すぎても醤油顔女子ではありません。

あくまで大きすぎないけれど、ちゃんとバランスのとれた目のかたちをしているのが醤油顔女子です。

醤油顔の女性は、少しでも目を大きく見せたいとカラコンやつけまつ毛アイラインなどで

工夫してソース顔になろうとしますが、そうしなくても自然な感じの目が男性から人気があります。

4.あごが尖っていないこと

あごが丸みを帯びているのが醤油顔女子です。

あごがとがっていると、きついキリッとした印象になるので、これは醤油顔女子とは言えません。

ふんわりと丸いあごは醤油顔女子の優しいイメージをひきたててくれます。

丸顔に悩んでいる方も多いですが、あごが流線型をしていると

第一印象も話しかけやすそうなイメージをもたれるので、好印象です。

5.ナチュラルメイクが似合うこと

醤油顔女子はナチュラルメイクがとてもよく似合います。

主張が強すぎず弱すぎず、バランスのとれた顔立ちなので、すっぴんでもとてもキレイです。

メイクをするときはもともとのバランスを崩すようなメイクをしないように気をつけます。

メイクをナチュラルにするだけで、醤油顔女子は劇的にキレイで美しくなります。

いかがでしたか。

今回は醤油顔女子の特徴についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

以上のことからわかるのは、醤油顔というのは一番日本人らしい和風な顔立ちの人のことです。

女優では、新垣結衣さんや石原さとみさんも醤油顔女子として有名ですね。

彼女たちはとても人気がありますが、顔のバランスがよくてキレイな醤油顔女子です。

男性からみて醤油顔女子は優しい雰囲気で癒される顔立ちをしているので、そこがモテるポイントです。

男性は醤油顔女子に安心感や親近感を抱きます。

先にあげた女優さんも、親近感を抱きやすく好感度が高い方たちですし、顔の濃い女優さんに比べて優しい雰囲気を感じますね。

醤油顔女子の人は、無理してソース顔に変えようとせず、自分の顔をそのまま引き出すメイクを考えてみることで、もっと魅力的になりますよ。

醤油顔女子のかわいい特徴5個の関連記事