社会不適合者の残念な特徴5個

社会不適合者の残念な特徴5個

社会不適合者とは一般社会の中で生活することが困難な人のことを言います。

仕事をするにも社会不適合者は長く続かずにすぐにやめてしまうケースもよくあります。

また、仕事とかがうまくいかずに自分のことを社会不適合者だと思っている人も少なくありません。

それは多くの場合は思い込みです。

今回は社会不適合者と言われる人の特徴をご紹介していきます。

1.空気が読めない

社会では、空気を読んで、他人とコミュニケーションを取ることが重要なので、

空気が読めない人は社会不適合者になってしまうことがあります。

当の本人はそれを自覚していないことが多く、指摘をされても否定します。

時には感情的に反論して口論になることもあります。

周囲の状況を理解せずに自分勝手な振る舞いをすると周囲から嫌われて社会の中で浮いた存在になってしまい、

やがて社会不適合者と化してしまいます。

2.非常に時間にルーズ

社会生活の中で最も重要だと言われているのは時間を守ることです。

そのため人間は幼いときから時間に対しては厳しく教育されています。

時間を守ることができない人は社会不適合者になってしまいます。

誰でも一度は時間に遅れることはあります。

そのときは相手に遅れることを連絡することが大切です。

しかし、社会不適合者は遅れても何とも思っていないので遅れることを相手に伝えようとしません。

それが常習になってしまうと信頼を失い孤立してしまいます。

3.ナルシストで誰にでも上から目線

仕事をするには上司や先輩の方に敬意を払うことは大切です。

しかし、誰に対して上から目線の人は敬意を払うどころか見下した態度を取ってしまいます。

仕事をするには最初は上司や先輩の方に教えてもらうことになりますが、そんな態度を取られると仕事を教える気も失せてしまいます。

仕事をしているとどうしてもミスをしてしまい注意をされる場合もありますが、

普通の人は謝罪をして次は同じミスをしないように心掛けるでしょう。

しかし、社会不適合者の場合は自分の非を認めずに上司や先輩の方にたてづくこうとします。

人間関係も悪化していきそれに耐えられずにやめてしまうケースもあります。

4.虚言癖がある

人間誰でも一度は嘘をついたことがあります。

普通の人は罪悪感を抱き嘘をついて申し訳ないと思います。

そうではない人は嘘が積み重なり当たり前のように嘘をつき、次第には虚言癖がついてしまいます。

当然のことですが、嘘つきの言うことは誰も信用してくれません。

癖のようなものなので無意識に嘘をついてしまうので、自分の力では気づくことはできないので、改善するのも難しい状態になっています。

5.極度の人間不信

世の中には人付き合いが苦手な人も少なくはありません。

それは人間の個性の領域内の話であって社会不適合者とまではいきません。

そのような人にも合った仕事もたくさんあり、仕事をしているうちに克服しているケースもあります。

本当の社会不適合者はこんなものではありません。

自分以外の人間を信用することができないので、

他人とのコミュニケーションを取ることが重要な社会では生きていくには困難な状態になってきます。

常に他人を疑い生きなければならないので、社会の中で生きることを苦痛に感じるに間違いありません。

以上が社会不適合者の特徴となっています。

嫌いな人の性格や癖では社会不適合者とは言えないことも多くあります。

世の中にはちょっと性格がきつい人や変わった癖がある人がいるかもしれませんが、

それで社会不適合者と決めつているのであれば考えを改めるべきでしょう。

もし、この中で当てはまるものがあれば今後の生き方を考えてみてはいかがでしょうか。

社会不適合者の残念な特徴5個の関連記事