浪費癖がある人の心理的特徴5個

浪費癖がある人の心理的特徴5個

無計画にお金を使ってしまう、浪費癖のある人が少なくありません。

多くの人はお金を計画的に使い、節約を意識するものなのに、浪費癖のある人はどうしてそうしないのか。

今回は浪費癖がある人の心理的な特徴についてお話ししましょう。

1.楽天的な刹那主義

例えば、給料日前にお金を使い果たしてしまい、友人からお金を借りたり、給料の前払いをしてもらったるするのが、浪費癖のある人です。

そこには、お金に対して「まあ、なんとかなるさ」という楽天的な意識があります。

悲観的な人であれば、借金のリスクを大きなものとして捉えますから、自然に、お金に対して計画的になります。

「なんとかなるさ」とは考えられないわけです。

一方、浪費癖のある人は、そのように楽天的に考えることができます。

言い換えれば、「楽天的でなければ、浪費家にはなれない」ということになるでしょう。

また、その場その場の感情でお金を使ってしまうという行動からは、刹那主義という特徴を読み取ることができます。

「楽天的な刹那主義者」というのが、ですから、浪費癖のある人の心理的特徴ということになります。

2.物欲よりも、買うという行為そのものが好き

マニアックなコレクションを趣味にする人が、そのコレクションのために大金を使っても、それは浪費ではありません。

その人は、無駄づかいとは正反対のお金の使い方をしているからです。

それに対して、浪費家は、「お金を使うことそのものが好き」という心理を持っていて、物欲からではなく、

その好きな行為をしたいがために、無駄なお金の使い方をしてしまいます。

お金を使うこと自体が好きなのですから、そこには限度とか、限界というものがありません。

「お金を使って満足」を、延々と繰り返すわけです。

3.自己愛が強く、所有することで満足感を得る

自己愛が強いのも、浪費癖のある人の特徴の一つでしょう。

何か買い物をしたとき、そのもの自体にそれほど大きな魅力を感じなかったとしても、

とりあえずそれを手に入れ、自分の所有物にすることで満足を得るのです。

ふつうの人が持つ物欲と違うのは、あくまでも「自分の所有」というところに重きを置くところです。

そのため、「そのものがほしい」のではなく「自分の所有物を増やしたい」という意識の方が強くなります。

4.お金を使うことで、ストレス解消

人間だれしも精神的なストレスを日々感じながら生活しています。

そして、それぞれに、自分なりのストレス解消法をもっているでしょう。

浪費癖のある人にとって、お金を使うという行為が、自分にとって最も効果的なストレス解消法です。

「お金を使う」というのは、そうすることによって、精神的充足感を得られる行為です。

浪費家の人は、お金を使うことで得られる充足感が、ふつうの人よりもケタ違いに大きいのです。

そのため、お金を使うといい気分になりますから、自然にストレスが軽減、解消されるというわけです。

5.見栄っ張り

浪費癖のある人には、見栄っ張りという心理的特徴もあります。

ブランド品を身につけたり、高級外車に乗ったりすることで、自分を大きく見せようという心理が、浪費につながっているのです。

また、浪費癖のある人には、気前のよい人が少なくありません。

「人におごったり、高価なプレゼントをするのが大好き」なわけですが、

そこには、そうすることによって相手から良く思われたいという意識が強く働いています。

これも、見栄っ張りな心理から生じる意識と考えていいでしょう。

さらに言うと、そういう心理を持つベースには、自信のなさが隠されていると考えていいでしょう。

自分の中身や人間性、能力に自信がないからこそ、そうした見栄を張ってしまいます。

先ほどお話しした「強い自己愛」を、そのことによって満足させるわけです。

いかがでしたか。

逃避癖のある人に共通する特徴について、ここではその心理に焦点を当てて、5種類紹介しました。

あなたの周りにいる浪費家の心理を知る上の参考になさってください。

また、浪費癖を自覚している方は、セルフチェックしてみることをオススメします。

浪費癖がある人の心理的特徴5個の関連記事