ポジティブシンキングになる方法5つ

ポジティブシンキングになる方法5つ

ポジティブシンキングになりたいと思ったことはありませんか。

辛い体験をしたり、悲しいことが起きたりすると、いつまでも暗い気分から抜け出せずネガティブシンキングに陥ってしまうことがあります。

何をやってもうまくいかない、どうせ自分なんかダメな人間だと落ち込んでいては人生を楽しむことができません。

しかし、ほんの少し努力することでネガティブシンキングはポジティブシンキングへ変えることができます。

楽しく有意義な人生を送るために、今日はポジティブシンキングになるための方法をご紹介します。

1.自分と他人を比較しない

ネガティブ思考の人は、自分と他人を比べる傾向が強いのです。

自分に足りないもの、持っていないものに対して劣等感を抱きやすく、

結果的に自分はダメな人間だという結論に自己完結してしまうことがほとんどです。

他人と比較することが常に悪いわけではありません。

しかし、自分にないものばかりを探していてはコンプレックスの塊になってしまいます。

ですから、「自分は自分」、「他人は他人」と線引きをして比較しないように心がけましょう。

さらにポジティブシンキングになるためには、「自分になにができるか・自分は何を持っているのか」確認してみると良いでしょう。

過去の成功体験や自分の長所、お気に入りの物などを簡単に書きだしてみてはどうでしょうか。

どんな細かいことでも構いません。

書き出してみることで、自分という人間を再認識することができ、「意外と自分も悪くない、できる人間だ」と自信を持つことができます。

2.過去の失敗は未来の成功の糧。失敗を恐れずに何回でも挑戦する

ポジティブな人は、過去の失敗をいつまでも引きずりません。

失敗は成功への糧と捉え、恐れずに次々挑戦していきます。

反対にネガティブな人は過去の失敗をクヨクヨ悩み、再度失敗することを怖れてなかなか次のステップに進めません。

まだ起きてもいない未来の失敗を心配し過ぎているのです。

心配するのは止めましょう。

たとえまた失敗しても「なんとかなる」と思い切って挑戦することが大切です。

もちろん同じ失敗を繰り返さないようにあらゆる対策を練っておく必要はありますが、それでも失敗する可能性はゼロではありません。

もし失敗したら、さらに対策を練って改めて挑戦すれば良いでしょう。

このようにポジティブに考えて物事に挑戦していくようにしましょう。

3.積極的にポジティブな友人と付き合う

性格の暗い、ネガティブな人と話をしているとこちらまで気分がどんよりしてくるものです。

逆に、明るく元気で笑顔の絶えない人と話をすると、心がウキウキ弾みます。

落ち込んでいたはずなのに、あれ、いつのまにかネガティブな気分が吹き飛んでいる…そんな経験はありませんか。

自分がネガティブシンキングをする人間だという自覚がある方は、積極的にポジティブシンキングをする友人と関わるようにしましょう。

私たちは、その場の雰囲気や相手の笑顔、思考に引きずられやすいものです。

ポジティブパワーでネガティブ思考を書き換えてもらいましょう。

ポジティブな仲間と過ごす時間が多ければ多いほど、ネガティブな事を考える時間は減っていきます。

そして、いつのまにか自然にポジティブシンキングが身についていることでしょう。

4.常に笑顔を忘れない

ネガティブシンキングな人は、考えることが多過ぎて表情が乏しい傾向があります。

常に何かを心配しているので眉間に皺を寄せて過ごしていることの方が多いのです。

思考をポジティブシンキングへ切り替えるには、まずは笑顔を忘れない事が非常に大切です。

笑顔は周囲に伝染します。

あなたが笑顔で話しかければ、相手も笑顔で答えてくれることがほとんどです。

悩みや問題を抱えて困っているのなら、相談してみると良いでしょう。

ただし、暗い顔で話すのではなく、あくまで明るい雰囲気を維持することが重要です。

ネガティブな会話からはネガティブな消極的対処法しか提案してもらえない可能性が大ですが、

ポジティブな会話からは問題の抜本的な解決を促すアイディアが生まれやすいものです。

5.実現不可能な大きな幸せより、日常の小さな幸せをたくさん集める

大富豪の玉の輿に乗ったり、宝くじで1等を当てたり、会社で重役に抜擢されたり、などといった大きな幸せを追いかけるのは止めましょう。

世の中にはごくごく限定された人たちがこのような幸せを手に入れていますが、ほとんどの人間には無縁です。

それよりも、日常的な小さな幸せをたくさん集めてみてはどうでしょうか。

例えば、朝スッキリ目が覚めた、いつもより通勤電車が空いていた、好きな人とたくさん話せた、飲み会が楽しかった、などという本当に些細な幸せは日常のいたるところに転がっています。

ほんの少し周囲に気を配ることで、毎日たくさんの幸せを発見することが出来るでしょう。

実現不可能な大きな幸せが手に入らないと嘆くより、簡単に掴むことができる小さな幸せがたくさんあることを喜ぶ方がよりポジティブな人生を送れます。

いかがでしたか。

このようにほんの少し考え方を変えるだけで貴方はポジティブに生きることができます。

自分を正しく評価し他人と比較しないこと、あれこれ悩み心配し過ぎないこと、ポジティブ仲間と過ごすことはとても大切です。

悩み事は自分の内に秘めるのではなく、仲間と相談して一緒に解決策を考えてもらいましょう。

ポジティブに生きることは難しいことではありません。

コツさえ掴めば自然にポジティブシンキングができるようになります。

せっかくの人生ですから、楽しく有意義に過ごしてください。

ポジティブシンキングになる方法5つの関連記事