面白い人だと思われる人の特徴5個

面白い人だと思われる人の特徴5個

あなたの周りには面白い人はいますか?家族に面白い人がいるとより家族の仲がより良くなるでしょう。

学校に面白い人がいたら学校生活が楽しくなってくるでしょう。

面白い人が話しているときには知らないうちに笑いの渦が発生しています。

面白い人にはどんどん人が集まって来て、集団で会話するときには必要不可欠の存在となってきます。

今回はそんな面白い人の特徴をご紹介します。

1.笑顔が絶えない

面白い人は会話をしているときは常に笑顔を維持することができます。

会話をするときでも相手が笑顔だと会話がしやすくなりませんか。

場の雰囲気を和ませるためにも笑顔は仏用です。

笑顔を自分自身で作るのは容易ではありません。

笑顔の表情を作ろうとしてもどうしても硬い表情になってしまうことはありませんか?

面白い人は笑顔を無意識に作ることができます。

人を笑顔にさせようと思っていなくとも自然にできる笑顔で他の人にも笑顔を伝染させているのです。

2.場に刺激を与える

面白い人は場によっては刺激を扱うことがあります。

会話をしているときにずっとゆるやかな雰囲気だったら何となく刺激が欲しくなるときはありませんか?

そこで面白い人は適度に緊張した雰囲気を作って刺激を与えてくれます。

ずっと同じような雰囲気だといつかは飽きてしまい新たな刺激を求めるようになります。

面白い人はときにはガツンと言って飽きが来ないようにしてより長くみんなから人気を得ています。

3.人のことが好き

面白い人は単純に人のことが好きだから面白い会話ができます。

他人に全く興味がなくては他人に面白い人だと思わせるのは不可能です。

面白い人は人と話すときには常にこの人はどういうことを言ったら笑ってくれるのかを考えています。

話しているうちに相手のことを理解して面白いと思ってくれるような発言をして相手の好奇心や興味を刺激していくのです。

人のことが好きだから面白い人は単純にみんなを楽しませてあげたいと思って発言しています。

4.ユーモアセンスがある

人を楽しませるためにはユーモアセンスが大切です。

ユーモアセンスが欠けていると自分では面白いと思って発言しても周囲からはつまらないと思われる場合があります。

冗談を言うときにもユーモアセンスがある人とない人では大差があります。

ユーモアセンスがある人の場合は主に自分自身をネタにしたような冗談で周囲を笑わせてくれますが、

ない人の場合は他人をネタにしたような冗談でときには人のことを傷つけてしまうこともあります。

ユーモアセンスは自分自身で磨くことができます。

自分も目標の人物を見つけてその人のしゃべりかたや動きを参考にするとよいでしょう。

5.多少は無茶をする

ときには面白い人は人を楽しませるために無茶をすることがあります。

飲み会などで何かを振られたときには普通の人は嫌がるのようなことでも、多少は無茶をしてみんなの期待に答えてくれます。

そうすると場の雰囲気が盛り上がってより楽しくなるでしょう。

これは損しているようにも見えますが、みんなが嫌がるような役目を嫌な顔せずに引き受けてくれたと思って

周囲からは好感を得ることができるかもしれません。

まさに損して得取れということわざがぴったりですね。

いかがでしたか。

以上が面白い人の特徴となります。

面白い人の近くには知らないうち人が集まって来ます。

面白い人は人と話す機会が多いのでコミュニケーション力が鍛えられています。

その人を観察して研究していくと自分を面白い人になれるかもしれません。

また、お笑い芸人のセンスを参考にしてみるのも一つの手段です。

真似をするのではなく自己流にアレンジを加えてオリジナルで面白い人を目指すといいですね。

面白い人だと思われる人の特徴5個の関連記事