猫系男子のマイペースな特徴5個

猫系男子のマイペースな特徴5個

男子を「犬系」と「猫系」に分類する方法があります。

簡単に比較するなら、「単純明快で付き合いやすいのが犬系男子、複雑でとっつきにくいのが猫系男子」ということになるでしょう。

ここでは、付き合いにくいと思われがちな猫系男子について、その特徴を紹介します。

1.気まぐれで気分屋

猫系男子が「付き合いにくい」と思われてしまう大きな原因が、「気まぐれで気分屋」という性格にあると考えていいでしょう。

ひとことでいうとマイペースなのですが、その日その時の気分によって、まったく違う表情をみせたり、いつもとは正反対の行動をします。

ある意味では「自分に正直な人」ということにはなるのでしょう。

しかし、その時によってこちらの対応も変えなくてはなりませんから、付き合う方は気を使うことになってしまいます。

日によって気分がまったくちがうだけでなく、「さっきまであんなに明るくふるまっていたのに、急に落ち込んでしまった」ということも珍しくありません。

そのため、対応に苦労することもありますが、ただ、それだけに、犬系男子にはない変化に富んだ付き合いが楽しめるというメリットもあるでしょう。

2.一人の時間を大切にし、束縛されることを嫌う

孤独癖があるのも、猫系男子の特徴の一つです。

大勢でわいわいやるよりも、自分一人で静かに過ごす時間の方が好きです。

ですから、彼女といっしょにいても、時として「一人になりたい」と感じてしまいます。

「長時間彼女とべったり」ということが苦手なわけですから、女性にとっては少々さみしいところはあります。

しかし、そういう性格なのだと割り切ってしまうと、かえって付き合いやすいのではないでしょうか。

彼女に束縛されることを嫌いますが、同時に、彼女を束縛したいという意識は希薄です。

これも、女性にとっては、意外に付き合いやすい要素と考えていいでしょう。

3.甘えたがるが、甘えられるのは苦手

意外な一面を持っているのが、猫系男子に共通する大きな特徴です。

その一つが「甘えたがり」ということ。

一見淡白なように見えて、二人きりになると、彼女に甘えようとします。

そこまではいいのですが、困ったことに、その逆は好きではありません自分は甘えたがりなクセに、相手から甘えられるのはあまり好きではないのです。

この辺りは、猫の行動パターンとそっくりなのではないでしょうか。

4.多面的で複雑な性格

冒頭でも触れましたが、猫系男子の性格をひとことで表現するなら「複雑」ということになります。

よく指摘されるように「クール」というのが基本ではありますが、そうではない面もいろいろ備えているのです。

その一つが「嫉妬深さ」でしょう。

束縛するのもされるのも好きではないくせに、ジェラシーは人一倍強く感じてしまいます。

つまり、それだけ情が深いということになりますが、これは「クール」という基本的性格と相反するものです。

まったく逆の二面性を備えているところに、猫系男子の大きな特徴があると考えていいでしょう。

5.インドアが好き

行動パターンに関する特徴を、最後に紹介しておきましょう。

それは「インドア派」ということです。

犬系男子がアウトドアで活発に行動するのが好きなのに対し、猫系は家の中で静かに過ごしたり、彼女といっしょの時間をまったり楽しむ方が好きです。

ただし、最初の項目で紹介したように、「気まぐれで気分屋」という特質を持っていますので、

その日の気分によっては、自ら進んでアウトドアを楽しむことも少なくありません。

「インドア派」という基本的な行動パターンはありますが、それが固定されないところに、猫系男子の特徴があります。

いかがでしたか。

今回は、最近話題の猫系男子の特徴の中から、代表的なものを5つ取り上げて説明してきました。

複雑系の性格ですから、確かにとっつきにくいところはあるでしょう。

しかし、上記の特徴を押さえていれば、決して付き合いにくいということはないはずです。

猫系男子のマイペースな特徴5個の関連記事