虚言癖だと思われる人の特徴5つ

虚言癖だと思われる人の特徴5つ

虚言癖とは癖のように嘘をついてしまう性質のことを示します。

人はどうしても嘘をついてしまうことがあるでしょう。

大体の場合はなぜ嘘をつく必要があるか、どのような嘘をつけば相手に通用するかを考えるでしょう。

そして嘘をついて申し訳ないと思うでしょう。

しかし、虚言癖を持つ人の多くの場合は何の躊躇もなく平気で嘘をつくのです。

また、酷い時にはその嘘をまるで本当であったかのように自ら思い込んでしいます。

今回は虚言癖の人の特徴についてご紹介します。

1.プライドが非常に高い

自分自身の自尊心を満たすために、嘘をつくケースです。

自分が他人よりも優れていることを示し優越感に浸りたいのです。

仕事をするときでもどんなに難しい仕事を任されても決してできないとは言いません。

自分を他人に何でもできる優秀な人材だと思わせるためです。

自分を優れていると思わせるために虚偽の武勇伝や自慢話を語ったりすることもあります。

また、他人に馬鹿にされたり見下されたりすることを極度に嫌います。

それで優越感に浸るためと他人に馬鹿にされないようにするために嘘をついてしまいます。

2.構ってもらいたい

虚言癖がある人は周囲に相手にしてもらうためや認めてもらいたいのです。

俗語で言えばかまってちゃんとも言います。

誰かに感心されたい、目立ちたいという欲望に駆られ、嘘をついてしまいます。

LINEやTwitterで「死にたい」「もう疲れた」などとネガティブ発言をするケースがあります。

誰かに心配してもらいたい、話を聞いてほしいという欲望を満たすためです。

周囲から気を惹くために、同じ嘘を繰り返し他人を不快にさせることも多々あります。

孤独やひとりぼっちを極度に嫌い、その寂しさを満たすために嘘をつくケースもあります。

幼少時代の家族関係や学校生活の人間関係が原因だと考えられます。

3.努力をすることを嫌う

人は自分の苦手なことや、できないことを努力をして克服しようとします。

しかし、虚言癖がある人は努力をしようとはしません。

苦労をせずに楽をしたいと考えてしまいます。

努力をしても結果に出ないことだっても多々あります。

虚言癖がある人はそれを恐れています。

今までの努力が水の泡になってしまうのを恐れているのです。

努力をせずに他人に認めてもらうためや、現実逃避するために嘘をついてしまいます。

4.自分に対する自信がない

自信を持てない自分を隠すために嘘をつくケースです。

これは虚言癖がある人の中でも一番多いケースともいえます。

家庭状況や学歴などが原因で自分に自信が持てずに、そんな自分を周囲からよく思われるために嘘をついてしまいます。

自分は周囲と比べたら能力が低いと思うと劣等感を抱きそれを誤魔化すためにも嘘をつくこともあります。

ダメな自分を周囲から認めてもらいたいと思い嘘を積み重ねてしまい後戻りできなくなってしまうこともあります。

5.隠し事がある

誰でも隠しごとは一度はしたことはあるでしょう。

普通の人は嘘をつくのは悪いことだと罪悪感を抱くでしょう。

虚言癖のある人は平気で嘘をつき、嘘が積み重なり隠し事が大きくなってしまう傾向があります。

その隠しごとが発覚したらとんでもないことになるかもしれません。

仕事の場合では厳重な処罰を下されかねません。

自覚はあるがやめられないケースを多々あります。

いかがでしたか。

虚言癖がある人のほとんどは嘘をつくことはいけないことだと思っておりません。

嘘を指摘すると軽く聞き流されたり、逆ギレさせることもあります。

質が悪い人になれば巧妙な虚言で周囲を欺き、自分が嘘つき扱いされる場合もあります。

嘘を指摘したのに自分が周囲から信頼を失うことになったらたまったもんじゃありません。

嘘をつくことはいけないことだと分からせない限りは改善することは難しいでしょう。

虚言癖だと思われる人の特徴5つの関連記事