忙しい彼氏と上手く付き合っていく方法4個

忙しい彼氏と上手く付き合っていく方法4個

仕事などで忙しい彼氏を持つと、なかなか思うように会えなかったり、

事前にデートの予定が組みにくかったりするでしょう。

そのため、関係が長続きしないケースも少なくありません。

ここでは、忙しい彼氏と交際している方のために、上手な付き合い方をご紹介します。

1.彼氏の休日は彼氏の希望を優先する

忙しくてなかなか会えない彼氏と付き合っていると、たまの休日が大変貴重なものになってきます。

そのため、「今度の彼氏のお休みにはあそこへ行きたい。こんなことしたい」などと、

いろいろデートプランを考えてしまいがちです。

それはごく自然な心理はありますが、一度、彼氏の身になって考えてみましょう。

毎日忙しく働いている彼氏にとってのたまの休日は、あなたが思う以上に貴重なものなはず。

彼氏は心身ともに疲れ切っていて、「休日は家でゆっくりしたい」と思っているかもしれません。

そんな彼氏を、無理に外へ連れ出して引っ張りまわすのはよくありません。

ですから、休日は彼氏の希望を優先して、彼氏の好きなように過ごすようにしましょう。

「私は家デートでもいいよ」という言い方をして、彼氏の希望を聞くのがオススメ。

例えば、彼氏が「気分転換にドライブしたい」と言えば、それに従えばいいのです。

2.サポーター役に徹し、応援メッセージを送る

思うように会えないと、その分電話やメール、LINEなどでコミュニケーションを図りたくなるものです。

交際しているのですから、もちろん、それはOK。

ただし、仕事などで忙しい彼氏の精神的な負担になってはいけません。

ですから、あまり頻繁にメールやLINEを送ることはひかえましょう。

自分の中でルールを決めるといいでしょう。

「必要な連絡以外のメールやLINEは1日2件以下にする」というように決めるのです。

また、「彼氏のサポーター役に徹しよう」という意識を持って、メールやLINEで応援メッセージを送るのもオススメ。

例えば、朝、「明日はお休みだね。今日1日だけ、がんばってね」というメッセージを送ったり、

夜のメールなら、「お疲れさま。お風呂にゆっくり入って、体を休めてね」というように、

彼氏の心身を気づかうのです。

3.彼氏に「1日に1度の連絡」をしてもらうようにする

こちらからそのようなメッセージを送っても、彼氏からの返信が返ってこないことも多いでしょう。

あちらは忙しいのですから、「なんで、返信してくれないの」と不満を言うのは、NG。

ただし、彼氏からまったく連絡がないと不安になるのは当然ですし、それでは交際している意味もありません。

そこでオススメしたいのは、彼氏との間でルールを決めること。

例えば、「おやすみメールだけでもいいから、1日に1度はなんらかの形で連絡する」というように決めるのです。

忙しい彼氏も「連絡したいと思いながら、なかなかできない」と思っているはず。

そのようにルールを決めれば、彼氏の心の負担もかえって軽減できるかもしれません。

4.デート中などに急に仕事が入っても、それに不平を言わない

忙しく仕事をしている彼氏とデートをしていると、その最中に仕事の電話が入ることもあるでしょう。

「せっかくのデートなのだから、仕事の電話は無視してほしい」と思いがちですが、

彼氏はそれだけ真面目に仕事をしているのですから、そこはガマンして、不満を口にすることは控えましょう。

さらに、楽しみにしていた休日に仕事が入って、デートがキャンセルこともあります。

その場合も、仕事優先にする彼氏の意志を尊重しましょう。

「残念だけど、仕方ないね。

でも、仕事、あんまりがんばりすぎないでね」というように彼氏に伝え、「理解のある女」になります。

いかがでしたか。

忙しい彼氏と上手に付き合うために、押さえておきたいポイントを4点紹介しました。

「彼氏の仕事に理解のある女になる」という意識を持てば、二人の関係はよくなりますし、

彼氏の心をしっかりつかむことができるはずです。

参考になさってください。

忙しい彼氏と上手く付き合っていく方法4個の関連記事