Sample Company

更新情報・お知らせWhat's New

2017/08/10
サイトをリニューアルしましたNEW

グループの和を乱す人の特徴

グループで行動する時に困るのが、グループの和を乱す人です。 人数が多ければ多いほど、仲を悪くしてしまう人は出てきてしまいます。 では、このような人には、どのような特徴があるのでしょうか。 今回は、和を乱す人の特徴を紹介していきます。

1.自己中心的である

和を乱す人の特徴に多いのは、自己中心的であることです。 自分の意見を押し通そうと行動してしまうため、グループの和を乱してしまう事に繋がります。 多くの人と行動するときに大切になるのは、相手を尊重することです。 自分の意見だけではなく、相手の意見や考えも大切にしなければ、グループで活動することは難しいといえるでしょう。 しかし、自己中心的な人は、相手を尊重することなど考えてはいません。 自分がやりたいこと、得をすることを中心に行動してしまいます。 そのため、誰かは損をしてしまうことが多く、その振る舞いに不満を持つ人達との間で、ケンカを起こしたり揉め事に発展してしまうことはよくあることだといえます。 このように、和を乱す人の特徴としては、自己中心的であることがあげられます。 集団で行動するのであれば、自分の事だけを考えてはいけないことは、当然のことだといえるでしょう。

2.人の批判が多い

和を乱す人の特徴としては、批判が多い事が挙げられます。 他の人に嫌われる行動の一つが、批判することだといえます。 もちろん、間違っている事を正すことは必要ですが、言い方を考えたり、場面を考えたりしなければなりません。 そのため、批判をすることは一定のリスクがあることを認識する必要があります。 しかし、和を乱す人は、批判をすることのデメリットを考えていません。 また、自分の事は棚に上げたり、何もしていないにも関わらず、批判だけは多くする人も場合によっては現れます。 元々批判は良い印象を与えないものなのに、口だけの人間が批判をしては反感を買ってしまいます。 このように、人の和を乱す人は批判が多く、自分の気に入らないことに対しては文句を言い続けるのです。

3.派閥を作る

和を乱す人の特徴としては、派閥を作るといった点があげられます。 グループでよくあるのが、誰かをリーダーとして派閥が作られることです。 同じグループとして仲良くしていかなければならないのに、派閥を作ってしまいます。 派閥が出来てしまうとどうしても争いが生まれる原因になってしまい、グループの和は乱れてしまいます。 また、和を乱す人は、自分の気に入った人だけを集める特徴があります。 そのため、当初は仲の良かったグループが、派閥でバラバラになってしまうこともよくあります。 このような状況は、和を乱す人が自分の仲の良い人だけで行動したいと考えた結果であり、それ以外の人はどうでもいいと認識しているからです。 このような理由から、派閥を作る人は和を乱す人であるといえます。 自分の気に入ったメンバーを集めてグループを作ることは、集団の行動としてはよくありません。 結果として、元々あったグループの崩壊につながり、派閥争いやグループ内での争いなど、不必要な争いを生んでしまうことも少なくないのです。

和を乱して嫌われないように気をつけよう

和を乱す人の根本的な特徴としては、自己中心的であることです。 自分さえ良ければそれでいい、の考えが根底にあり、グループでの活動を放棄してしまいます。 普通の人は、自分の事を少し犠牲にしたとしても、相手の事を考えた行動を取ることでしょう。 しかし、相手のことを思う気持ちに欠けた人間は、大抵和を乱す人になってしまいます。 また、和を乱す人に多いのが、争いの発端になることです。 その人からケンカが始まった、問題が起こったなどの事態がよくあります。 和を乱す人はトラブルメーカーであり、自分からグループを崩壊させる言動を取ってしまいます。