学歴コンプレックスを克服する方法4個

学歴コンプレックスを克服する方法4個

何らかのコンプレックスを持っている人は少なくありません。

中でも、「学歴コンプレックス」は、多くの人が一生悩み続ける代表的なコンプレックスの一つと言っていいでしょう。

ここでは、そんな学歴コンプレックスに焦点を当てて、克服するための方法を紹介します。

1.学歴がないために受けた不利益をチェックしてみましょう

学歴コンプレックスのある人に共通しているのは、学歴に対する強すぎるこだわりです。

そのこだわりのために、なんでも学歴に結びつけて考えてしまいます。

そこには「思い違い」が隠されていることが少なくありません。

その思い違いを正すために、一度これまでの人生を振り返ってみてください。

「これまでの人生で、学歴がないことで受けた不利益」を思い出してみるのです。

頭の中だけで考えるよりも、文字に起こした方が効果的です。

低学歴であることにどんなデメリットがあったのかを、すべて書き出しましょう。

そして、その1つ1つを分析してみましょう。

「本当に学歴がないことによって受けた不利益なのかどうか」を冷静にチェックします。

おそらく、「実は学歴とは関係ないもの」まで、ピックアップされているに違いありません。

つまりそれは、コンプレクスがあるための「思い違い」だったわけです。

実際には、それほど大きな不利益を受けていないことに気づくのではないでしょうか。

2.認証欲求を満足させるための努力をしましょう

学歴コンプレックスを持っている人は、自己評価が低いだけでなく、「人からの評価も低い」という意識を持ちがちです。

人から高い評価を得られているという自覚をしっかり持つことができれば、人間としての認証欲求は満足させられます。

つまり「人から認められている自分」という自覚が、自信を生み、コンプレックスを解消する道を開いてくれるのです。

必要なのは、できるだけ多くの人と、できるだけ良好な人間関係を作ること。

そのためには、「利他」を考えるようにしなければなりません。

「人のためになろう」と意識して行動することで、人からも認証してもらえるようになります。

「情けは人のためならず」、人にかけた情けは、認証欲求を満足させられるという形で、確実に自分に返ってくるものです。

3.小さな努力目標を作ってみましょう

学歴コンプレックスというのは、つまり過去の履歴にこだわって悩むという心理です。

常に意識が過去に向いているために、いつまでも悩み続けることになると考えていいでしょう。

それを改善するには、未来志向になる必要があります。

では、どうすれば未来志向になれるのか。

一番簡単なのが、「小さな努力目標を作る」という方法です。

仕事でも趣味でも習い事でも生活習慣でも、なんでも構いません。

「ダイエット」なども、努力目標が数字で表せますから、効果的でしょう。

そして、その小さな目標をクリアしながら、明日に進んでいくのです。

これを続けていくうちに、「過去にとらわれない、未来志向の目」を持てるようになるはずです。

4.セカンドライフを中心に、これからのライフプランを考えてみましょう

同じように、未来志向になるための方法として、「ライフプランの作成」も有効です。

オススメなのが、「しあわせなセカンドライフ」を最初にイメージして、それに至るまでの道のりをプランニングしていくというやり方です。

「しあわせな老後」が、学歴と無関係であることに気づくに違いありません。

高学歴であれば必ずしあわせな老後が送れるわけではありませんし、学歴がなくても、しあわせなセカンドライフを実現することはじゅうぶんに可能です。

ライフプラン作成によって、そのことをはっきり認識できるはずです。

いかがでしょうか。

ここで紹介したほかに、「大学受験にチャレンジ」とか、「国家試験を受ける」といった方法もありますが、

ここでは「誰でも今すぐできて、失敗のない方法」に限定して、4種類紹介しました。

ぜひ、参考になさってください。

学歴コンプレックスを克服する方法4個の関連記事