男性不信に陥っている女性の辛い特徴5個

男性不信に陥っている女性の辛い特徴5個

さまざまな原因から心に傷を負い、男性不信になってしまった女性は意外と多いものです。

男性と接する時はどことなくぎこちなく感じる女性は、もしかしたら男性不信かもしれません。

そこで男性不信の女性の特徴についてご紹介します。

1.心を閉ざしている

普段は普通に接しているように見えても言動の節々に警戒している雰囲気があります。

特に男性に対して感情表現をしないようにしている人もいます。

これは、本音を見せずに、ビジネスライクで接して表面上だけの付き合いで済ませたいという気持ちのあらわれです。

もし、本音を見せてしまうと付け込まれるろ思っているので「心を許してはいけない」と強く思っています。

こういう女性に強くアプローチしても逆効果になり、距離が遠くなるばかりです。

無理に口説いたりせず、ゆっくりと時間をかけて距離を縮めていく事を心がけてください。

2.恋愛が怖い

彼女達の心の傷の多くは大抵が過去に付き合っていた男性の可能性が高いです。

「裏切られた」・「暴力を受けていた」・「利用されていた」などの原因が多い為、

男性に対して心を開いて恋愛関係になってしまうと、「また裏切られるかも」「暴力を受けるかも」と考えてしまいます。

だから、彼女達は必死で過去のトラウマから自分を守ろうとしています。

恋愛関係になる事はもちろん、男性と出来るだけ関わらないようにしようとします。

そして、恋愛関係になりそうだと感じたら急に距離を置こうとします。

男性が仲良くなれたと感じていても、実は女性は心の壁を作っています。

焦らずに少しずつ信頼関係を築いていく事が必要です。

3.感情を押し殺している

彼女達は感情が揺れ動き、心が乱れる事を恐れています。

だから、普段から感情を押し殺して自分の感情をコントロールしようとしています。

そのため、解放されない感情を抱え込んで日々悩んでいる女性は少なくありません。

そして、男性の事を好きになり自分で抱えれなくなってしまったり、

焦る気持ちが大きくなってしまって感情をコントロール出来なくなる事を恐れています。

無理に感情を引き出そうとしては余計に彼女達は心を閉ざしてしまいます。

彼女達の心の傷に寄り添い、ゆっくり時間をかけて女性のペースで付き合っていける心の広さが大切になってきます。

4.ふたつ返事で終わる

一見、同意してくれているように見えますが、早く会話を終わらせたい気持ちがふたつ返事として現れます。

男性にしてみれば、返事を貰ったはずなのに何の音沙汰もない…と不快に感じると思いますが

彼女達は「出来るだけ男性と関わりたくない」もしくは、「男性が怖い」と感じているので一刻も早く、

この会話を終わらせて立ち去りたいという気持ちで、ふたつ返事になってしまいます。

よく女性を見ていると、どこかソワソワしていたりキョロキョロしている感じがして話を聞いているのか分からないと感じる事も多いと思います。

そんな時は強引にアプローチせず、ゆっくり時間をかけて信頼関係を築く事を心がけてみてください。

5.深読みしすぎて恐怖感が強い

実際にその相手と何かあったワケではないのに「こういう人ではないか?」とか「こう思っているのではないか?」など深読みし過ぎてしまう傾向があります。

しかも、それがマイナスの思考で、どんどん妄想が酷くなり、それが本当の事のように感じてしまいます。

そして、恐怖感を感じて距離と置こうとします。

そんな状態の女性に対して強引にアプローチしても更に恐怖感を募らせてしまいます。

適度な距離を保ちつつ、ゆっくり距離を縮めていくことで少しずつ信頼関係を築いていきましょう。

心の傷は誰にでもある物かもしれません。

しかし、彼女達は男性不信になる程の傷を負い、克服したいと悩みながら日々過ごしています。

ゆっくりと時間をかけて心の傷に寄り添ってあげられる心の広さが大切です。

男性不信に陥っている女性の辛い特徴5個の関連記事